カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【インタビュー】「内面の充実が、”美しさ”につながる」
俳優・西田尚美さんの美容習慣とは?

大人のおしゃれ手帖編集部

「内面の充実が、”美しさ”につながる」 俳優・西田尚美さんの美容習慣とは?

この記事の画像一覧を見る(5枚)

年齢とともに「美しさ」への意識は変わっていくもの。
しなやかに時代を生きるおふたりと、大人にとっての「美しさ」を考えてみました。

今回話を伺ったのは・・・
西田尚美さん
1970年生まれ、広島県出身。モデルとして活躍後、1997年に映画初主演。近作にドラマ『くすぶり女とすん止め女』、映画『ヴィレッジ』など。映画『言えない秘密』が6月に公開予定。


私には、体の中から吸収するものがいいみたい

内面の充実が、「美しさ」につながる――。
年齢を重ねるにつれて、その思いが強くなってきたと話す西田尚美さん。

「20代の頃は外見の美しさに目が向いていたけれど、今はそこに重きを置かなくなりました。やっぱりきれいな人は内面の美しさが外見にも表れているんですよね。自分にとって気持ちのいいこと、やりたいことをして生きている人はイキイキして見えるし、美しいと思います」

価値観の変化は、15歳になる長女からの影響も大きいそう。

「よく娘に言われるんです。ちょっとふくよかなくらいのほうが満たされて見えるから、あまりやせようと考えないほうがいいよって。確かにそうだなあ、と思います。娘だけでなく、若い人はいろんなことに対してフラットですし、考え方や行動も軽やか。若い人の言うことは、信じるようにしています(笑)」

「内面の充実が、”美しさ”につながる」 俳優・西田尚美さんの美容習慣とは?

日頃のケアで意識しているのは、体を内側から整えること。

撮影が続いて食生活が偏りがちなときは味噌や納豆、キムチなどの発酵食品を意識的にとり、マグネシウムの入浴剤や「よもぎ蒸し」で体を芯から温めることで、肌の調子も上向きに。

「サプリメントも摂りますが、『必ず毎日飲む』と決めてしまうとそれがプレッシャーになったりして本末転倒なので、気になるとき、必要かなと思うときに取り入れるようにしています」

無理なく続くケアだけを実践し、「手を掛けすぎない」のも、自分らしい美につながるよう。

「シワをなくしたいと思った時期もありましたが、今は抗わずに受け入れたい。人生も折り返し地点を越えて、どんどん感情が子どもの頃に戻っている気がするんですよね。20代や30代はもっととがっていて、人に頼らずに自分でどうにかしようと強がっていた。
そういう反抗心がなくなって、今は気持ちを伸びやかに解放したい。いろんな表情をして、それがすべて自分の顔に刻まれていくのは素敵なこと。それは大人になったからこそ、わかることだと思います」

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事