カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

日常生活でできる社会貢献・慈善活動
忙しい人でも大丈夫!

社会貢献

社会貢献や慈善活動をしたいと思っていても、忙しさなどを理由に「なかなか活動できない」という人も多いのではないでしょうか?
忙しい人や時間がない人でも、日常生活を送りながらできる社会貢献・慈善活動をご紹介します。

買い物の売り上げの一部を寄付する

まずは、買い物をすることで寄付につながる「寄付付き商品」についてご紹介します。

オイシックス・ラ・大地

「TABLE FOR TWO」(TFT)は、開発途上国の飢餓と、先進国の肥満や生活習慣病を同時に改善することを目的に取り組む、日本発の社会貢献活動です。
さまざまな企業・団体、個人がTFTに参加しているなか、オイシックス・ラ・大地は積極的にTFTの活動を行っています。

オイシックス・ラ・大地が展開する食品の宅配サービス「Oisix(おいしっくす)」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」で「TFT寄付付き商品」を購入すると、20円(または売り上げの3%)がTFTに寄付されます。
寄付金は開発途上国の子どもの学校給食になります。20円は開発途上国の給食1食分の金額です
https://www.oisixradaichi.co.jp/lp/tablefortwo/

モンベル

モンベルの「寄付付きTシャツ」や「寄付付きバンダナ」を購入すると、自然保護や社会福祉、野外教育などの活動を行う団体に売り上げの一部が寄付されます。
寄付付き商品はモンベル公式オンラインショップでも購入可能です。
≫モンベルの「寄付付き商品」詳細はこちら

また、モンベルクラブの会員になると、会員1名につき年間50円がモンベルクラブ・ファンドにたまる仕組みになっており、社会貢献度の高い活動を行う人々の支援に使われます。
≫「モンベルクラブ・ファンド」詳細はこちら

Sama*Sama

SamaSamaは生花やプリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー、胡蝶蘭、レンタルグリーンなどを扱うネットショップ。
出産祝いにぴったりなおむつケーキのアーティフィシャルフラワーも扱っています。
すべての商品が、内閣府の行う「子供の未来応援基金」の対象商品となっており、売り上げの一部が寄付されます。
https://samasamanet.theshop.jp

オリオンビール

ビールメーカーのオリオンビールは、首里城の復興を願い、「オリオン ザ・ドラフト 首里城復興支援デザイン第4弾」を数量限定で発売中です。
同商品の売り上げの一部を首里城の復興支援活動へ活用する予定です。
商品には、「もっと首里城を、ずっと。」というメッセージと、首里城をモチーフにしたイラストがデザインされています。
オリオンビール公式通販サイトでも購入可能。
https://www.orionbeer.co.jp/

フードドライブで食品を寄付する

社会貢献

フードドライブとは、家庭で余っている食品を集めて、食品を必要としている団体へ寄付する活動のこと。
スーパーやコンビニ、自治体施設などに回収ボックスが設置されているほか、環境関連のイベントなどで実施されることもあります。
寄付先は子ども食堂や生活困窮者支援団体、福祉施設などです。
寄付できる食品は、未開封かつ賞味期限が1か月以上残っており、常温保存可能なものとしている団体が多いですが、団体によって条件が異なる場合もあります。
各団体の条件を確認したうえで食品を寄付しましょう。

ヘアドネーションで髪の毛を寄付する

社会貢献

長く伸ばした髪の毛をバッサリ切るときは、ヘアドネーションに協力するという方法もあります。
ヘアドネーションとは、髪の毛を医療用ウィッグの素材として無償で提供する活動のこと。
病気や事故などで髪の毛を失った人のウィッグに活用されます。
寄付の手順は、ヘアドネーションに賛同しているサロンを調べて、カット前にヘアドネーションを希望していることを伝えます。
寄付する髪の毛は31cm以上の長さが必要です。
そのほかの条件は、ヘアドネーションを受け付けている団体によって、白髪やカラー、ブリーチ、パーマ、天然パーマなどがOKの団体とNGの団体があります。
自分の髪の毛が寄付できるかどうか気になるときは、各団体の条件を確認するか、各団体に賛同しているサロンに相談しましょう。

(まとめ)
私たちの身近には日常生活を送りながらできるさまざまな社会貢献、慈善活動があります。
寄付付き商品の購入や余剰品の寄付など、忙しくても無理なくできることから始めてみるのもよさそうです。


構成・文/大人のおしゃれ手帖編集部 画像協力/PIXTA
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※2022年10月時点の情報です

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事