カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

書き手の追伸 ~小川洋子さん~

小川洋子さんの新たな短編集で描かれるのは舞台という〝異界〟が生み出す、美しく儚い物語。
着想のきっかけは、意外にもライフスタイルの転機で出会った、新たな喜びだったそう。

理屈で説明できないことに人間の真の喜びがある

劇場という、生活と切り離された特別な空間。
その非日常性のもたらす奇跡や美しさを描き出したのが、小川洋子さんの新作短編集『掌に眠る舞台』です。

「劇場のような閉ざされた場所って魅惑的ですよね。私はずっと狭い空間に執着して作品を書き続けてきたけれど、劇場こそ、人間が考え出した〝究極の隠れ場所〟みたいな箱だなあと感じて。連作短編という形で、いろんな方向から描いてみたいと思ったんです」

題材となっているのは、『ラ・シルフィード』『ガラスの動物園』といった、舞台ファンにはおなじみの演目。
着想のきっかけは、小川さん自身が5年ほど前から舞台にはまったことでした。

「自分でも驚いたのが、若い頃には敬遠していたミュージカルを好きになったこと。小説で『あなたのことを愛してます』と書いても、嘘くさいし薄っぺらいんですよね。ところが人間の肉声で歌われると、それが真実になる。同じ言葉なのにこれだけ違うのか…などと考えているうちにのめり込んでいきました」

観劇という新たな趣味に夢中になったのは、ライフスタイルの変化も影響していたそう。

「子どもも手が離れて、親も見送って、ペットも死んで、ようやく好きなだけ小説が書けるときが来た。若い頃は早くそうなりたいと思っていましたが、いざ実現すると、自分のためだけに時間を使うのってむなしいな…と思ったんです。そのむなしさを埋めるために、劇場に通うようになって、だんだん応援したい人もできて。ミュージカル俳優の福井晶一さんなのですが、生まれて初めてファンクラブにも入りました。チケットを確保するために、以前は苦手だったネットも駆使するように(笑)」

確かに読者世代でも、〝大人の推し活〟を始める人が増えています。
やはり誰かを好きになることで、生活にハリや潤いがもたらされるものなのでしょうか。

「やっぱり、人間って自分以外の誰かを応援し、成長を見守りたい生き物なんだな、と思います。私は野球の阪神ファンでもあるんですけど、阪神が勝ったからと言って、私に何の得があるわけじゃない(笑)。だけど応援してしまうし、勝ったらうれしい。理屈では説明できない喜びですよね。そういう、言葉で説明できないことにこそ、人間の真の喜びがあるような気がしています」

『掌に眠る舞台』
小川洋子 
¥1,815(集英社)

『ラ・シルフィード』を題材に、工場の片隅でさびた工具にバレエを踊らせる少女、帝国劇場の『レ・ミゼラブル』の公演に通う「私」が出会った劇場で暮らす女性……。
ステージの此方と彼方で生まれる特別な関係性を描き出す短編集。


編集部が選んだ必読書!

京都に生きた女人の歴史を辿る新たな視点の京都ガイド

『女人京都』
酒井順子
¥1,760(小学館)

京都に長年通う著者が、小野小町、紫式部、日野富子、淀君……といった歴史上の女性の足跡を辿る一冊。京都で暮らした彼女たちの生き様を通じて、新たな街の魅力が見えてきます。
カバーを裏返しにすると、登場する場所が一覧できる仕掛けも。

肌の悩みを抱える大人に“始めるべきケア”を提案

『42歳になったら やめる美容、はじめる美容』
茂田正和
¥1,650(宝島社)

人気コスメブランド「OSAJI(オサジ)」のディレクターを務める筆者が、最新のスキンケア理論を書籍化。白髪やシミ、たるみといった変化に悩む大人世代に向けて、これから始めるべきケア、そしてやめるべきケアをわかりやすく解説します。


文/工藤花衣 写真/白井裕介

大人のおしゃれ手帖2022年11月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!