2022.12

22

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

吉田 羊さんが巡る加賀越前〜後編〜

大人のおしゃれ手帖 吉田 羊さんが巡る加賀越前〜後編〜

麗しい手仕事、口福な料理好奇心が満たされる旅へ―

今年でデビュー25周年を迎えた吉田羊さん。
メモリアルイヤーにふさわしく、加賀越前エリアの6つの町を巡る雅な旅にお誘いしました。

石川県と福井県の県境に広がる加賀越前エリア。
海と山に囲まれた美食の宝庫であり、歴史ある町並みや温泉、伝統工芸も有名です。

「実は20歳ぐらいの頃、半年ほど金沢に住んでいました。この旅で再訪が叶った場所もあり、ご縁を感じます」と羊さん。

今回はじっくり来てみたかったという加賀を拠点に、福井も周遊し、自然や文化を満喫しました。 
11月6日にはカニ漁も解禁になり、食の楽しみも広がる北陸。

1年の締めくくりや新年に訪れたい、美食と名湯に憩う加賀越前の旅へご案内します。

坂井

レトロな町並みが残る港町で北陸の海の幸を味わう

福井県坂井市では、日本海に面した港町・三国へ。
北陸随一の景勝地「東尋坊」に代表される海岸線の絶景が広がり、甘エビや越前ガニなどの海の幸を求めて訪れる人も多い人気エリアです。
メインストリートの「三国湊きたまえ通り」には、北前船の寄港地として栄えたレトロな町並みが残り、歴史ある建物を改装した飲食店やショップが軒を連ねます。
羊さんも町歩きに繰り出し、買い物をしたり、新鮮な海の幸を堪能しました。
食後は海岸線をドライブして雄島へ。
東尋坊にも立ち寄って、日本海の絶景を楽しみました。

雄島

東尋坊の沖合に浮かぶクジラの形をした神の島へ

大人のおしゃれ手帖 吉田 羊さんが巡る加賀越前〜後編〜本土から朱塗りの橋で結ばれた雄島(おしま)は、古くから神の島として崇められている神秘的なスポット。

島の入り口に大鳥居があり、急な石段を上ると大湊神社が鎮座しています。
遊歩道に沿って島内を1周することも。

三国は北前船の寄港地だったことから、和洋折衷の建造物も多く点在。
写真は「みくに龍翔館」。

三本日和

福井の人気作家の器や雑貨がそろう 三国湊のセレクトショップ

福井を中心に、北陸のいいものを紹介。
人気すぎて入手困難な「えむに」のガラス作品をはじめ、九谷焼や越前焼、越前漆器など、福井の作家ものをそろえています。
オリジナルの雑貨や食品も逸品ぞろい。
三国では1日に風向きが3回変わることを「三本日和」と呼ぶそう。

【住所】福井県坂井市三国町北本町4-4-16
【電話】0776-92-0301
【営業】11時~17時
【定休】水曜

伝統工芸に基づきながら現代の暮らしに合わせた商品も多数。
写真は九谷焼絵付け師・中荒江道子さんの作品。

料理茶屋 魚志楼

風情あふれる料理茶屋で北陸の海の幸を堪能

明治初期に創業した料理茶屋。
芸妓の置屋だった建物を改装した趣きのある店内で、ガサエビやカニなど北陸ならではの魚介が味わえます。
離れでは、往時のにぎわいを伝える貴重な写真や資料も展示。

【住所】福井県坂井市三国町神明3-7-23
【電話】0776-82-0141
【営業】11時30分~14時、18時~22時
【定休】不定休

甘海老天丼茶屋御膳¥2,200。
ふわふわの出汁玉子でとじた甘エビの天丼と、甘エビの刺身が楽しめる人気メニュー。 

あわら

新幹線開業に向けてにぎわうあわら温泉をぶらり散策

福井県屈指の温泉地・あわら温泉が有名なあわら市。
町には74もの源泉があり、宿ごとに泉質が異なるため、湯巡りも人気です。

2024年春には北陸新幹線芦原温泉駅が開業予定で、駅周辺には魅力的なお店が続々と誕生。
なかでも話題を集めているのが、今年3月にオープンした「おむすび いのり」です。
福井産コシヒカリをふっくらと炊き上げ、注文ごとに作るおむすびが絶品です。

今年8月にはメイドイン福井を集めたショップ「萬屋みちる」がオープン。
旅の思い出にほしくなる物語のある品がそろいます。

萬屋みちる

作り手のストーリーが詰まったメイドイン福井に出会う

福井のプロダクトを集めたセレクトショップ。
器やアクセサリー、革小物、バッグ、ウエアなど、素材や製法にこだわったテイアムが並びます。
知らなかった福井の名品も多く、おみやげ探しにもぴったりです。
店名は「さまざまなものが満ちあふれた、心満たされる場所」を目指して命名。

【住所】福井県あわら市市姫1-4-9
【電話】050-8884-1138
【営業】9時~17時
【定休】日曜

好奇心いっぱいにショッピングを楽しむ羊さん。
「お着物にも合わせやすそう」と、福井の老舗織物工場が作る「レピヤンリボン」のオリボンフクサと、「PLECO」のプリーツバッグの菜の花色をセレクト。

「PLECO」のプリーツバッグ¥2,750~。
土に還る素材を使ったサステナブルなアイテム。

おむすび いのり

お米がふっくらほどける作りたての絶品おむすび

東京の名店「おにぎりぼんご」で修業した店主が作るおむすびは25種類。
福井米と越前塩、有明海苔を基本に、具材をたっぷり入れ、どこから食べてもおいしく仕上げています。
野菜が盛りだくさんのおかず豚汁も人気。

【住所】福井県あわら市春宮1-9-41
【電話】0776-97-5066
【営業】平日 11時~15時(予約優先)、土・日曜、祝日 8時~14時(予約のみ)
【定休】月曜

ふわりと軽く握ったおにぎりは、口の中でほろっとほどける。

手前から、福井の郷土料理・サバのへしこと、看板メニューの卵黄しょうゆ漬け各¥250。
おにぎり1個につき、具は2種類まで入れられる。

白山

霊山白山の裾野に広がる祈りの道をたどって

石川県のシンボル的存在であり、日本三名山の白山を擁する白山市。
その白山をご神体とする「白
山比咩(しらやまひめ)神社」は、全国に約3000社ある白山神社の総本宮で、地元では「しらやまさん」の名で親しまれています。

「ちょうど1年前、プライベートで白山市を訪れて、牛首紬という手織物について学びました。その時に白山比咩神社もお参りして、名前に〝羊〟を見つけて親しみを感じておりました。再訪が叶ってありがたいです」と羊さん。

今日は参拝後に嬉しいお仕事が決まったお礼を伝えて、新たな願い事もしてきました。

白山比咩神社

ご縁をつなぐ神様を祀る由緒ある神社をお参り

霊峰白山を神体山とする古社。
江戸時代に造営された本殿には大注連縄がかけられ、厳かな空気の中、お参りできます。
ご祭神の白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)は菊理媛神(くくるひめのかみ)とも言われ、「ご縁をくくる=縁結びの神」として有名。
毎月1日は「おついたち参り」でにぎわい、特別祈願が受けられます。

【住所】石川県白山市三宮町二105-1
【電話】076-272-0680営業 宝物館9時~16時(境内は参拝自由)
【定休】無休

一の鳥居から三の鳥居まで約250m続く表参道は、ご神木の老杉やケヤキの大木に覆われた神聖な雰囲気。

水月珈琲焙煎所

こだわりの豆と道具で引き出す記憶に残るコーヒー

金沢の人気喫茶店が移転し、2年前にテイクアウト専門でオープン。
自家焙煎豆を贅沢に使い、湧き水でネルドリップしたコーヒーは、重厚ながら透明感のある味わいが楽しめます。
コーヒー豆も販売。
フィンランドのログハウスキットを組み立てた建物も素敵。

【住所】石川県白山市河内町江津己77−1
【電話】なし
【営業】12時~18時
【定休】水・木・日曜

コーヒー1杯に対し、通常の4倍に当たる40gの豆を使用しておいしいところだけを抽出。
本日のコーヒー¥700。

定番のサブレや季節のケーキなど、コーヒーに合うお菓子も充実。

旅の拠点は、北大路魯山人も逗留した由緒正しき老舗宿へ

大正時代、魯山人が半年ほど過ごした加賀・山代温泉。
山代温泉のシンボルマークとなった「暁鳥」を描いた作品など、芸術家としての原点に触れられる名宿へご案内します。

名湯と美食にときめくおもてなしを極めた宿
「あらや滔々庵」

加賀大聖寺藩主より湯番頭の命を受けて以来、18代続く老舗宿「あらや滔々庵」。

大正初期、まだ無名だった魯山人と親しくしていた当時の15代宿主は、書画や看板などを注文して彼の生活を支え、その頃の貴重な作品を館内随所で見ることができます。

館内には源泉かけ流しの温泉が3つ。
半露天風呂付きの客室でもかけ流しの温泉が楽しめます。朝夕の食事は個室でゆっくりと。

よい食をよい器で供する「美びき器佳かこう肴」のおもてなしに、羊さんも感動しきり。
数々の本物に触れ、心潤う旅になりました。

藩政時代に造られた大聖寺藩主ゆかりの部屋を移築した特別室「御陣(おちん)」。
しっとりとした紅殻色の壁は、前田藩の殿様が出入りする場所だけに許された特別なもの。
源泉かけ流しの2層の半露天風呂を備えた贅沢な造り。
魯山人も好んで逗留した。 

中庭に面した畳敷きのロビー。

山代温泉の開湯伝説にちなみ、魯山人が描いた「暁烏」の衝立。

魯山人の書画や器が飾られた茶室。庭を眺めながらくつろげる。

橋立漁港で水揚げされた魚介や加賀野菜など、地元の食材を使った料理を、九谷焼や山中塗器で楽しめる。

あらや滔々庵

山代温泉の中心部「湯の曲がわ輪」で380年続く老舗宿。
湯元ならではの豊富な湯量は1日約10万ℓを誇り、ぬる湯とあつ湯の交互浴も楽しめます。
山庭の一軒家を改装した離れも近日オープン予定。
宿の目の前にある「古総湯」は、明治時代の共同浴場を復元した趣きのある建物で、
夜は幻想的な雰囲気に包まれる。

【住所】石川県加賀市山代温泉18-119
【電話】0761-77-0010
【料金】1泊2食付き¥44,000~


撮影/枦木 功[nomadica] スタイリング/梅山弘子[KiKi.inc.] ヘアメイク/Otama 文/田辺千菊[Choki!] 協力/志田朝美

大人のおしゃれ手帖2022年12月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!