カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

温泉の泉質と効果 50代女性におすすめの温泉も!

温泉

「旅行に行くなら温泉!」という女性は多いですよね。
では、温泉の泉質にはそれぞれ期待できる効果があることをご存じでしょうか?
泉質を知ることで、より自分に合う温泉選びができます。
温泉旅行の参考になる情報をお届けします。

温泉の泉質を知ろう

療養泉とは、温泉のうち、特に療養に役立つ泉質をもつ温泉のことをいいます。
療養泉には泉質名がつけられ、泉質ごとの「適応症」があります。
適応症とは、温泉療養を行うことで効果をあらわす症状のこと。
適応症には、泉質を問わず共通する「一般的適応症」と、泉質によって定められた「泉質別適応症」があります。
温泉の泉質は10種類。それぞれの特徴をご紹介します。

【泉質の種類】
● 単純温泉
肌あたりがやわらかく、刺激が少ない。
pH8.5以上のものを「アルカリ性単純温泉」と呼ぶ。

【泉質別適応症】
浴用:自律神経不安定症、不眠症、うつ状態
● 塩化物泉
塩分が皮膚に膜をつくることで保温効果があるといわれ、「熱の湯」とも呼ばれる。

【泉質別適応症】
浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
飲用:萎縮性胃炎、便秘
● 炭酸水素塩泉
皮膚の不要な角質をとる作用がある。

【泉質別適応症】
浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症
飲用:胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、耐糖能異常(糖尿病)、高尿酸血症(痛風)
● 硫酸塩泉
飲用は腸のぜんどう運動を促すといわれる。

【泉質別適応症】
浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
飲用:胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘
● 二酸化炭素泉
炭酸ガスが皮膚から吸収され、保温効果があるといわれる。
「泡の湯」とも呼ばれる。

【泉質別適応症】
浴用:きりきず、末梢循環障害、冷え性、自律神経不安定症
飲用:胃腸機能低下
● 含鉄泉
空気に触れると鉄の酸化が進み赤褐色に変色する。

【泉質別適応症】
飲用:鉄欠乏性貧血
● 酸性泉
殺菌力が強い。
酸性が強いと入浴で皮膚にしみる。

【泉質別適応症】
浴用:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症
● 含よう素泉
非火山性の温泉に多く、時間がたつと黄色く着色する。

【泉質別適応症】
飲用:高コレステロール血症
※甲状腺機能亢進症がある場合は注意。
● 硫黄泉
殺菌力が強い。

【泉質別適応症】
浴用:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症(硫化水素型については、末梢循環障害が加わる)
飲用:耐糖能異常(糖尿病)、高コレステロール血症
● 放射能泉
温泉に含まれる微量の放射能が炎症に効果的といわれる。

【泉質別適応症】
浴用:高尿酸血症(痛風)、関節リウマチ、強直性脊椎炎など

温泉を利用するときの注意点

温泉の禁忌症

温泉の禁忌症とは、「1回の温泉入浴または飲用でも有害事象を生ずる危険性がある病気・病態」のこと。
禁忌症には、すべての温泉に共通するものと、泉質によって禁忌症となるものがあります。

たとえば、病気の活動期、特に熱があるときは温泉浴がからだの負担になるため、すべての温泉に入ってはいけません。
また、泉質が酸性泉、硫黄泉の場合は、皮膚または粘膜が敏感な人や、高齢者の皮膚乾燥症の人は、悪影響を及ぼすことがあるため入ってはいけません。

なお、温泉を飲む場合はより慎重に行う必要があります。
特定の病気・病態の人は、定められた許容量を守るようにしましょう。

その他の注意点

おいしい料理やお酒は温泉に行ったときの醍醐味です。
しかし、安全のために食事の直前・直後や飲酒後の入浴は控えましょう。
また、脱水状態にならないよう、入浴の前後は水分補給も欠かせません。
注意点の詳細は、環境省の「あんしん・あんぜんな温泉利用のいろは」に紹介されています。

50代女性におすすめの温泉

全国の名湯の中から、50代の大人女性におすすめの温泉をご紹介します。

岐阜県・下呂温泉

下呂温泉飛騨川の流域に湧く下呂温泉は、草津温泉、有馬温泉と並ぶ日本三名泉のひとつ。
泉質はアルカリ性単純温泉で、入浴するとなめらかな肌触りになることから「美人の湯」とも呼ばれています。
複数の温泉を満喫するなら「湯めぐり手形」がお得。
加盟施設の中から3か所を選んで入浴できます。
手形の有効期限は半年なので、次の旅行でも利用できます。
泉質:アルカリ性単純温泉

群馬県・草津温泉

草津温泉日本三名泉のひとつである草津温泉は、殺菌力の強い酸性泉で、古くは「恋の病以外効かぬ病は無い」と言い伝えられていました。
草津温泉のシンボルである「湯畑」は、毎分4000リットルの温泉が湧き出ており、湯けむりが立ちのぼる様子は圧巻です。
湯畑のまわりは公園となっており、湯上がりに散策するのもおすすめです。
泉質:酸性泉

兵庫県・有馬温泉

有馬温泉有馬温泉は日本三名泉のひとつで、多様な泉質と情緒あふれる街並みが女性に人気の温泉地です。
神戸市北区に位置し、神戸市の中心地や大阪からのアクセスがよいのも魅力。
褐色の「金泉」と無色透明の「銀泉」があり、異なる泉質を持つ湯が楽しめます。
泉質:単純温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫黄泉・含鉄泉・放射能泉

愛媛県・道後温泉

道後温泉愛媛県松山市にある道後温泉は、女性の一人旅に人気の温泉地。
フォトジェニックなスポットが多数あるほか、車がなくても路面電車を使えば松山市の中心地まで気軽に行くことができます。
松山城などの観光のほか、鯛めしをはじめとするグルメも味わえます。
泉質:アルカリ性単純温泉

大分県・別府八湯温泉

別府温泉大分県別府市の8つの温泉地の総称を「別府八湯」と呼びます。
多様な泉質や風情が異なる温泉を一度に楽しめるのが魅力。
町のあちこちから湯けむりが立ちのぼる様子や、大迫力の源泉を巡る「別府地獄めぐり」など、見どころも豊富です。
泉質:単純温泉・塩化物泉・炭酸水素塩泉・硫酸泉・含鉄泉・硫黄泉・酸性泉

(まとめ)
日本各地にはたくさんの名湯があり、どこも魅力的ですが、泉質を知った上で温泉地を選ぶと、より満足度の高い温泉旅行ができそうですね。

構成・文/大人のおしゃれ手帖編集部 画像協力/PIXTA
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!