カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

「ハンズ」のワークショップを体験&リポート!
母の日にリースを贈ろう

母の日のプレゼント

生活雑貨の販売を行う「ハンズ」は、ゴールデンウィーク期間中、各店舗にて手づくりイベントを開催。
5月6日(土)、7日(日)には、「サステナブルなお花でつくる母の日リース」のワークショップが開かれます。

イベントに先がけて『大人のおしゃれ手帖』編集部のNがリース作りに挑戦しました。さっそく、その様子をリポートします!

バラエティ豊かな廃棄花材をアップサイクル

リース作り今回のワークショップのテーマは「サステナブル」。
廃棄されてしまう花や実、木を加工したエコなつくり花を材料の一部として使用しています。ハーバリウムの廃材や、東南アジアの水辺に生息する植物「ソラ」の茎を花の形に加工したソラフラワーなど。有効活用して、ステキなリースにアップサイクル!

カーネーション

花材は、ハーバリウムの廃棄花材や、千日草やミモザ、ラベンダーなど、色とりどりのドライフラワーが使用できます。
カーネーションが選べるのは、母の日リースならでは。ちなみに、カーネーションには「女性の愛」「純粋な愛情」という思いが込められているそうです。

リース作り

リースの土台になるモスは、フレッシュグリーン10gと、イエロー、ナチュラル、ピンク、ブルーの中から好きな色を合計10g。計20g使うことができます。
グリーンを基調としたシンプルなデザインにするもよし、全色使ってカラフルに仕上げるもよし。お好みで調整OK!


イメージが固まったらリース作りに挑戦!

リース作りまずは、どんな配置でデコレーションするかを考えます。
作業を始める前に完成図をイメージしておくと、スムーズにとりかかることができますよ。

ある程度イメージが固まったら、作業スタート!
ここから、リース作りの手順を簡単にご紹介します。

手順①リースの土台づくり

リース作り

リースを吊るすための麻紐を輪になるように結び、土台に巻きつけます。
片側を輪っかに通したら、強めに引っ張ります。このとき、麻紐の間隔はなるべく狭くするのがポイント。

リース作り

しっかりと手で押さえたら、麻紐の上を覆うようにグルー(溶けた樹脂)をジグザグに塗ります。
グルーガンの使い方に慣れるまでは慎重に作業したほうがよさそうです。高温になるので、やけどには要注意。

手順②モス(苔)を貼りつける

リース作り

モスを広げるようにしながらちぎってほぐし、土台にグルーを塗ります。約4㎝幅に区切って少しずつ貼り付けていくと仕上がりがキレイです。

リース作り

モスを貼り付けたら、浮かないように手でしっかり押さえます。グルーはすぐに固まってしまうので、この工程はスピード勝負。
完成イメージを思い浮かべながら、テキパキと進めていきました。

手順③花材を貼りつける

リース作り

リース全体にモスが貼り付いたら、花材でデコレーション。花材の裏側にグルーを塗り、貼りつけたい位置に押し当て5秒キープします。
大きい花材はグルーを多めに塗ってしっかり固定。細い花材はリースに触れる部分にだけグルーを塗ると、見映えがよくなりますよ!


世界にひとつだけのリースを贈ろう

母の日リース慣れないグルーガンにあたふたしながらも、無事にリースが完成しました!
土台はグリーンのモスを中心に、ピンク、ベージュで飾り付け。その上から千日草のドライフラワーと小花を散らし、主役のカーネーションをトッピング。ピンクで統一感を出しつつ、母が好きな黄色をミモザで添えて、明るい雰囲気にしてみました。
今年は、このリースを母の日のプレゼントと一緒に贈ろうと思います。

「母の日リース」が完成するまでの作業時間は、約1時間。
複雑な手順は一切ないので、誰でも気軽に参加できるワークショップです。手先が器用ではない私も、大満足の出来に仕上がりました。
もの作りに興味がある方はもちろん、ゴールデンウィークのプチイベントとしてもおすすめです!


【イベント情報】
「サステナブルなお花でつくる母の日リース」
開催期間:5月6日(土)~7日(日)
時間:13:00、14:30、16:00 ※1日3回実施予定
参加費:¥550(税込)
定員:各回3名ずつ
所要時間:約60分
予約方法:公式サイトをチェック
※各店舗によって予約状況が異なります
※予約受付は前日19時まで

世界にひとつだけのオリジナルリースで、母の日に感謝の気持ちを伝えませんか?
お手頃価格で本格的な作品が作れるワークショップは、「ハンズ」の各店舗で予約受付中です。ぜひチェックしてみてくださいね。


構成・文/大人のおしゃれ手帖編集部 
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!