カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【ルームツアー】
旅、音楽、アート、思い出に包まれる桃生亜希子さんの暮らし

大人のおしゃれ手帖編集部

【お宅拝見】 旅、音楽、アート、そして思い出に包まれる 桃生亜希子さんの暮らし

この記事の画像一覧を見る(9枚)

あなたの最適な暮らしはどんなものでしょうか。愛しいものやペットに囲まれた暮らし?
それともコンパクトにスッキリ暮らしたい?
自分らしいスタイルを見つけた、俳優・桃生亜希子さんの暮らしをご紹介します。

お話を伺ったのは・・・
桃生亜希子さん(48歳)
俳優。映画『ロスト・イン・トランスレーション』『鉄男 THE BULLET MAN』などに出演。4~14歳まで住んでいた実家をリノベーションし、ハワイ出身の夫と息子の3人で暮らす。


色も時間も空間もミックスが私らしい

桃生さん宅のリビングに足を踏み入れると、彩り豊かな家具やファブリック、アートがお出迎え。木目を基調に、民族的な雰囲気と上品でモダンな雰囲気が見事にミックスされています。

「ただ自分が好きなものを置いているだけなんですよ。ひとり暮らしのときから統一感があるねと言われていたので、何かブレない好みがあるんでしょうね」 

音楽、アート、本、そして大の旅好きである桃生さん。部屋のあちこちに旅先で買ったものや写真が置かれています。北海道で手に入れた鹿の角もその一つ。野生の鹿が現れたときの「美しい瞬間」がよみがえります。

約8年前に、もともと桃生さんが4~14歳まで暮らしていた家をリノベーション。思い出の残る間取りはほぼ変えず、壁の色で部屋の区分けをしました。

ソファには、子どもの頃からずっと一緒というくまのぬいぐるみも。
「旅に行くときも、ひとり暮らしでもずっと一緒。墓場に入れてねって言っています(笑)」 

東京で暮らしていたときは「カフェで過ごすのが好き」だったという桃生さんですが、「今は家でゆっくりお茶を飲む方が落ち着きます。いつか庭づくりもしてみたいですね」

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事