カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.09

01

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

世界の麺料理で夏バテを吹き飛ばそう!

世界の麺1

夏の疲れがどっと出てくる秋口、なんだか食欲もイマイチなんて方も多いのではないでしょうか。
9月とはいえ、まだまだ日中は蒸し暑いので、さっぱりと食べられる料理がいいですよね。
今回は、料理家の八代恵美子さんにパパッと作れる冷やし麺をご提案していただきます。

スイートチリ×レモンでアジアの味!
「タイ風そうめん」

ピリ辛そうめん

材料(2人分)

そうめん(ゆでて水洗いをし、水気を切っておく)…2把
鶏チャーシュー…6枚
ゆで卵(半分に切っておく)…1個
長ネギ(みじん切り)…適量

(A)
めんつゆ(3倍希釈)…120mL
スイートチリソース…30mL
レモン汁…大さじ1

作り方

① 
ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。


器にそうめんを盛り、鶏チャーシュー、ゆで卵をのせたら①をかけ、ネギを添える。

和風だしが海鮮の味を際立たせる
「トマトとタコのカッペリーニ」

世界の麺2

材料(2人分)

細めのパスタ(ゆでて水洗いをし、水気を切っておく)…140g
ミニトマト(湯むきして半分に切り、鰹昆布のだし汁に1時間ほど漬けておく)…1パック
ゆでたこ(刺身用・薄切り)…100g
黒オリーブの輪切り(サラダ用)…1パック
大葉(千切り)…5枚

(A)
ニンニク(すりおろし)…少々
レモンまたは青柚子…1個分
レモンの皮…少々
塩…少々
エキストラバージンオリーブオイル…30mL

作り方


ボウルにミニトマトを入れて塩を振り、スプーンで軽く潰しながら混ぜ合わせる。
さらに、ゆでたこ、オリーブを入れて軽く混ぜる。


①に(A)を加え、塩で味を調えながら全体をよく混ぜ合わせる。


②にパスタを加え、サッと混ぜ合わせたら器に盛る。
仕上げに大葉をのせ、レモンの皮を散らす。

パンチのある甘辛味が食欲をそそる
「ジャージャー麺」

ジャージャー麺

材料(2人分)

豚ひき肉…100g
干し椎茸(水で戻し、軸を除いてみじん切り)…2枚
しょうが(みじん切り)…1/2かけ
中華麺(表示よりも1分少なくゆで、水洗いしてごま油〈分量外〉を絡めておく)…2玉
きゅうり(千切り)…1/2本
長ねぎ(白髪ねぎ)…1/4本
サラダ油…小さじ2
ラー油…適量

(A)
味噌…大さじ3
しょうゆ、酒、砂糖、みりん…大さじ1
水…100mL

作り方


鍋にサラダ油、しょうがを入れて中火にかけ、香りが出るまで炒める。


①に豚肉を加えたらほぐしながら炒め、椎茸を加えてさらに炒める。


②に(A)を加え、汁気が少なくなるまで煮詰める。


器に麺を盛ったら、③、きゅうり、長ねぎをのせ、仕上げにラー油をひとまわしする。

味のバリエーションが楽しめるよう、世界の名物麺をアレンジしました。
さっぱり食べられて満足感も得られる麺料理、簡単なので試してみてくださいね。


料理、写真/八代恵美子(atrio)
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!