カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.06

15

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

夏のメイクはこれで崩れにくくなる!
~カラーメイク編~

気温や湿度が上昇し、汗や皮脂、エアコンによる乾燥など、化粧崩れの要因が増えてくる季節。
おしゃれ感を損なうことなく、涼しげで、清潔感のあるメイクを保つ方法をご紹介します。

教えてくれたのは…

ヘアメイクアップアーティスト
面下伸一さん

崩れにくくなるカラーメイクのポイント

「目元は濃厚すぎない色を使って、色落ちの悪目立ちを回避。
また、眉とリップがしっかり残っているとメイク感が保たれるので、キープする工夫をしましょう」

アイシャドウ
~下まぶたも囲んで色移りを予防~

1.サラッと仕上がるパウダーシャドウを使用。トレンドのオレンジを、薬指に取ってアイホールに広げる。

2.小指の先にもオレンジを取り、下まぶたのキワにのせて囲む。これで下に色移りして汚く見えずにすむ。



~眉マスカラで地肌まで染めつける ~

1.パウダーアイブロウで形を整えてから、それをガイドに、眉マスカラを地肌に押し付けるようにのせる。

2.消えやすい眉尻にも。ブラシの先端を使って形を整えながら押しのせてコートし、色落ちを防止する。


マスカラ
~とにかく余分な液をつけないこと! ~

マスカラは、ブラシの先端に溜まった液をティッシュオフしてから塗る。
さらに、コームでダマを取って、下まぶたへの色移りを防ぐ。


アイライナー
~ライトなブラウンでパンダ目回避~

色移りして汚くならないよう、シアー、あるいは明るめのブラウンライナーを選択。
液がボテッと出ないよう、手の甲で試し描きしてからのせる。


チーク
~練りに重ねて血色を2段構えに ~

ブラシに肌なじみのいい血色ベージュ系のチークを取り、手の甲で色を調整してから、ベースで仕込んだ練りチークを囲むようにフワッとのせる。


リップ
~ マットなリップに小ワザをプラス ~

1.色持ちのいいマット系のリップを輪郭を取りながら直塗りし、ティッシュオフしてから再び塗り直す。

2.唇の山、底をなじみのいい色のリップライナーで縁取り、形をキレイに整えつつ、堤防にして滲みを防ぐ。


パーツ別 メイク直し解説

お直しは、朝使用したコスメでOK!

アイメイク

色落ちで黒ずんだ目元は疲れて見えがち。
下まぶたに落ちてしまったマスカラ、アイライナーを綿棒でオフ。
乳液などを携帯していたら、つけるとよりキレイに落ちる。

チーク

パウダーチークを携帯。
ブラシに取って手の甲で色調整してから、朝より少し高い位置にのせてリフトアップ効果も狙う。
血色をリカバリーし、どんよりくすんだ肌が明るく見え、生命感が蘇ります。

リップ

グリグリ濃く塗るのではなく、唇にポンポンと叩きつけるようにしてさり気なく染めると、顔全体のバランスがよくなる。
リップを塗り直すとメイク感が出て、顔立ちのメリハリが瞬時に復活します。必ず携帯を。


教えてくれたのは・・・

ヘアメイクアップアーティスト
面下伸一さん

洗練度が高いのに今っぽくこなれた、マネしたくなるメイクの達人。
現場を明るくするムードメイカーでもある。

photograph:Masahiro Tamura〈FREAKS〉 styling:Kazumi Yasutake〈kili office〉  hair&make-up:Shinichi Omoshita〈faccia〉 model:Kotama text:Yoko Yamamoto
大人のおしゃれ手帖2020年6月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!