カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.06

15

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

夏のメイクはこれで崩れにくくなる!~ベースメイク編~

気温や湿度が上昇し、汗や皮脂、エアコンによる乾燥など、化粧崩れの要因が増えてくる季節。
おしゃれ感を損なうことなく、涼しげで、清潔感のあるメイクを保つ方法をご紹介します。

教えてくれたのは…

ヘアメイクアップアーティスト
面下伸一さん

汚く崩れないメイクで清潔感のある顔をキープ

鉄壁の〝落ちないメイク〞を目指すのは現実的でない、と面下さん。

「夏になると、汗や皮脂でどうしてもメイクが崩れがちになります。
ですから、ウォータープルーフのアイテムを取り入れながら、シアーな質感のトレンドカラーなども使って、“多少落ちたとしても気にならない”というメイクを目指すといいかと思います」

崩れにくくなるベースメイクのポイント

では、そんなメイクのコツは?

「清潔感があって涼しげな肌感を保つには、メイク前にしっかり保湿しておくことが大事。
そのうえで、ベースアイテムは極力薄づきにしましょう」

メイク前のスキンケア
~うるおいを入れ込み乾燥崩れを防ぐ~

1.化粧水はコットンに含ませ、軽くパッティングしながらしっかり肌に入れ込み、毛穴を引き締める。

2.乳液でフタをし、うるおいを閉じ込める。顔全体に薄くのばし、手の平で覆ってしっかりフィットさせる。


下地
~崩れ防止下地を少しずつ薄くのばす ~

1.下地は手の甲に米粒大ほどを出し、中指になじませてのせる。

2.1を繰り返しながら、少しずつ薄く顔全体にのばしていく。


ファンデーション
~スポンジパッティングで薄く密着 ~

ファンデはオイルフリーのものを使用。
顔の内側に薄く塗り、スポンジで叩いて均一に密着させ、フェイスラインは外へぼかす。

コンシーラー
~気になる影は最小限にカバー~

目頭の下からのびる溝、ほうれい線、濃いシミなど、目につく影はコンシーラーでカバー。
気になる部分だけにのせ、指で叩いてなじませる。

練りチーク
~練りチークを仕込んで血色をキープ ~

クリームチークを中指に取り、黒目下と小鼻横の延長戦が交わる辺りにのせてから、軽く叩きながら顔の外側に向かってぼかし広げる。

パウダー
~パウダーのヴェールで崩れを防ぐ ~

厚くのらないよう、プレストタイプのパウダーを使用。
パフにパウダーを取り、手の甲で余分な粉を落としてから、薄く置きのせる。


メイク直しのポイント

お直しは、朝使用したコスメでOK!

1.汗や皮脂で崩れたり、ムラになった部分はティッシュで押さえ、余分なものをオフしつつならしておく。

2.崩れた部分、皮脂の出やすい部分に、パフでプレストパウダーをポンポンと薄くのせ、透明感を回復。


教えてくれたのは・・・

ヘアメイクアップアーティスト
面下伸一さん

洗練度が高いのに今っぽくこなれた、マネしたくなるメイクの達人。
現場を明るくするムードメーカーでもある。

photograph: Masahiro Tamura〈FREAKS〉 styling: Kazumi Yasutake〈kili office〉 hair & make-up: Shinichi Omoshita〈faccia〉 model: Kotama text: Yoko Yamamoto
大人のおしゃれ手帖2020年6月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!