カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

皆川 明氏がプロデュースした家『HUE(ヒュー)』
理想の暮らしがここに!

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(32枚)

日の入り方、影の落ち方
風の通る道…暮らしに自然が宿る家

積水ハウスは、「life knit design(ライフ ニット デザイン)」と名付けられた、時間と共に愛着が増す住まいを提案する、新しい試みをスタート。そのコンセプトハウスとして完成した「HUE(ヒュー)」は、ミナ ペルホネンのデザイナー・皆川 明氏を監修に迎え、思い描く暮らしを"色相"の名称で表現した住宅です。目指したのは「本来の豊かさ」への原点回帰。皆川氏自らが毎週展示場へ足を運び、試行錯誤して共に作り上げたのは、太陽の動きや樹々が作り出す影、吹き抜ける風を取り入れた、自然に寄り添う暮らしの形でした。

キッチン、中庭、リビング
家族の気配が吹き抜ける心地よさ

皆川明 ミナペルホネン

「敷地の方位や形を考え、太陽の動きを取り入れた間取りが特徴のひとつ。エントランスとダイニングは、朝日が入るように東側に配置。家族みんなで明るい光を浴びながら、朝食を囲めるようにしました。家の中心に中庭を設け、そこから入る光が時間帯ごとに変わるので、1日光を見ているだけでも飽きません」と語るのは、皆川氏とともに「HUE」をディレクションした積水ハウスデザイン設計部の矢野直子さん。リビング、ダイニング、キッチンはすべて1階にありますが、中庭を取り囲むように配置することで、光取り込みやすく、風が通り抜ける住居になっています。キッチンから中庭越しにリビングを望めたり、どこにいても家族の気配が感じることができる間取りです。

皆川明 ミナペルホネンキッチンは広々とした独立型。両面に窓があり、調理スペースの窓越しから、中庭~リビングへの眺めが広がります。中庭の緑や、家族がくつろぐ様子を眺めながら、調理することができます。

廊下よりも一段低くなり、ゆるやかに空間が区切られているリビング。中庭からの光と風を存分に浴びることができる、天井の高い空間です。

エントランスから廊下を曲がって室内に入ると、リビング、中庭、ダイニングにつながる廊下を一望できます。窓を開ければ、心地いい風が家全体を通り抜けます。

廊下にある引き戸は、玄関までつながる奥行きのある収納へ。階段下なので、あえて小さな引き戸をくぐって探検気分に。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事