カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【江口のりこさん】 「誰かに導いてもらうことで、自分でも知らなかったやり方を見つけることができる」

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(5枚)

ニートのように実家暮らしをする元エリート会社員の優子。65歳の父親が再婚相手として連れてきたのは、20歳の女の子だった……。兵庫県尼崎を舞台にした映画『あまろっく』で主演を務める江口のりこさん。父親役の笑福亭鶴瓶さんのこと、ご自身の家族について、そして俳優としてのいまの心境を聞きました。

目の前にいる鶴瓶さんとのやり取りをしっかりと大事に、楽しんで

いつでも飄々としているようで、時折見せるチャーミングな笑顔に引き込まれる……。不思議な魅力を放つ江口のりこさん。最新主演作の『あまろっく』では元エリート会社員の女性・優子を演じます。

「尼崎に住む家族の話で、実際にそこで暮らすようにしながら街を撮るとお聞きして、お芝居でもちゃんと日常を描かないといけない、そんな思いがありました。でも台本にはそうしたリアルさとはかけ離れた、ファンタジーのような要素もあって。それをどう演じるかは、わかりやすいお話であるぶん、更に難しくなります。現実はそんなに‟わかりやすいもの”ではないですから」

優子の父、竜太郎には笑福亭鶴瓶さん。能天気に遊び暮らしているようで、なぜか周囲からは好かれていて信頼も厚い町工場の社長。そんな竜太郎を、人懐こい笑顔で、すべてアドリブなのでは!? と思わせるナチュラルさで演じています。実際のところ、鶴瓶さんはアドリブが多いそうで、共演者にとっては緊張感もあるのでは……?

「鶴瓶さんは現場で、その日にセリフを覚えていらっしゃいました。そしてお芝居をすると、リハーサルとは違うことを言うときもあって、それが面白い。こちらも台本に書かれたセリフを言うのは前提ですが、目の前にいる鶴瓶さんとのやり取りをしっかりと大事に、楽しんでやろう!という気持ちになりましたね。お芝居って本来そうあるべきでしょうし、そうしたやりとりが、余計にリアルに見えるのかもしれないですね」

優子は理不尽なリストラで失職して実家に戻り、ニートのような生活に。ところがある日、父親が突然に再婚を宣言。結婚相手として連れてきたのが20歳の早希。演じるのは中条あやみさんです。

「たとえば早紀が優子に向ける眼差しだったり優しさ。それに対して私自身が抱く感情をそのまま出していけば、お芝居が進んでいくんじゃないか。演じながら、そんな思いがありました。鶴瓶さんや中条さんと一緒にお芝居をしながら、優子という役を見つけていった感じがします」。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!