カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【口腔ケア】50代から高まる歯周病リスクを回避しよう!

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(2枚)

歯と歯の土台の健康は、体と心の健康にまでつながっています。とくに口腔環境が悪化する傾向のある50代は、「かむ力」を鍛え、正しいケアを習慣づけましょう。

50代からは歯の喪失本数が増加。早めのケアが肝心

50代になると筋力やホルモン分泌が低下し、体にさまざまな変化が起こります。口腔環境も同じで、加齢とともに変化が現れ、歯の喪失本数も50代から一気に増加。40代までは平均1本未満なのが、50代になると平均2~3本、60代では4~6本以上になり、急激に喪失が進みます(厚労省「平成28年 歯科疾患実態調査」より)。歯のケアは早くから始めることが大事。その後の口内の状況に大きな違いが生じます。

「歯の土台」を意識したケアが大切

歯の土台とは、歯ぐきとその奥にある骨(歯槽骨)などの歯周組織を示します。歯と歯の土台の関係は家と家を支える基礎構造のようなもの。家も歯も土台がしっかりしてなければ不安定になり、沈下や傾きが起こります。また、歯の土台が弱まり、固いものが食べづらくなると、軟らかい食べものを選ぶようになり、さらにかむ力が弱まります。こうした口腔機能の衰え=オーラルフレイルは、栄養不足や気持ちの落ち込み、さらに全身の筋力低下(フレイル)にもつながります。

雑な3回より丁寧な1回。歯みがきは20分を心がけて

歯みがきは、最低でも1日1回、歯1本につき表裏各20秒かけてみがくのが理想です。歯の本数は個人差がありますが、30本とし、くまなくみがくと20分はかかる計算になります。朝・昼・晩、雑に磨くなら1日1回でも丁寧にみがくほうが良いくらいです。歯ブラシは歯と歯茎の境目に毛先を斜め45度に当て、軽い力で5mm幅程度に小刻みに動かすのがポイント。フロスやタフトブラシも併用を。

正しい姿勢での食事が歯の健康につながる!? 

食事の際は、背すじをピンと伸ばして食べ物をすりつぶすようにしてゆっくり時間をかけてかみましょう。歯の土台を構成する歯槽骨の骨芽細胞を活性化できます。また、歯みがきのあとはきれいに洗った手でマッサージをして血行をよくするのがおすすめ。歯茎と唇の折り返し部、歯と歯の間の歯肉を中心に向かって指でなぞるようにしてマッサージを。

3か月に1回は歯科医院へ

磨きにくい部分や歯石などは日々の歯みがきだけではケアしきれません。特に歯石の除去は専用の器具を使って除去しなくてはいけないため、3か月に一度を目安に、プロのケアを受ける習慣を持ちましょう。


監修/歯科医師 宝田恭子先生
画像協力/PIXTA
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事の画像一覧

この記事の画像一覧を見る(2枚)

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!