カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

<読者が変身!>手持ちの服をもっとおしゃれに! 
③上手にカジュアルダウンしたい

40・50代ファッション

お気に入りの服を、トレンドに合った着こなしに変える、『大人のおしゃれ手帖』11月号掲載の特集「手持ち服をもっとおしゃれに」。第3回目は、ワードローブにひとつはある黒のシンプルなワンピースを、カジュアルに着まわすアイデアを紹介します。

スタイリスト平井律子さん

教えてくれるのは……
スタイリスト平井律子さん

本誌をはじめ、女性誌のファッションページやカタログ、広告などで活躍。ナチュラル感のある大人の着こなし術に定評がある。

「冠婚葬祭風の黒ワンピを、カジュアルなお出かけ服にしたい」

40代コーディネート

教わるのは
ミモザ会員No.266 小林真由さん

夫とディナーに行くときに、よく着る黒いワンピース。ニット素材ですが、真っ黒なので冠婚葬祭っぽいし、地味すぎるかも? というのが気になります。カジュアルな着まわし方がわかれば、ちょっと友だちと会うときなど、活躍の機会が増えるので教えてほしいです。

BEFORE
シンプルな黒は、アクセや小物が控えめだと、地味で無難な装いに

40代ファッション<ココが惜しい>
・アクセサリーが小さく控えめな印象
・バッグの大きさやテイストが中途半端
・生足がワンピースに合っていない

黒いワンピースは重ね着や
アクセサリーでイメージが変わる

小林さん よそ行きの服があまりなくて、いつも着ているワンピースです。
平井さん ニット素材の真っ黒なワンピースですね。シンプルだから、ドレッシーにもカジュアルにも着まわせるアイテムなんですが、今の着方は、小物の合わせ方が中途半端になっていてもったいない…。ドレッシーにしたい場合は、もっとおおぶりのアクセサリーをあわせればOKですが、今日は、カジュアルに振りたいので、ワイドパンツを合わせます。
小林さん ワンピースにパンツって、合わせたことがなかったです!
平井さん カチッとしたパンツではなく、柔らかい素材のものがおすすめ。見える分量が少ないので、柄物でもいいです。水玉ならちょっとカジュアルになりますね。
小林さん ストールを合わせて雰囲気がかわりました!
平井さん フィットしたシルエットがややエレガントなので、ストールを巻いてシルエットに変化を。目線が上にいってバランスもよくなりますよ。全体がモノトーンなので、カゴバッグなど雰囲気の違うものを合わせて完成です。
小林さん ワンピースは1枚で着ることしか思いつかなかったので、目からうろこです。これなら動きやすいし、小物づかいもおしゃれで、自分でも見違えます!

AFTER
モノトーンの柄物のパンツが映える
シックな大人カジュアルに

40代ファッション<ここが素敵>
・パンツとストールで、シルエットが変わった
・全体をモノトーンでまとめてシックに
・カゴバッグなど雰囲気の違うものを合わせるのがおしゃれ


パンツ¥14,300/ポンデシャロン(マイク・グレー)、ストール¥17,600/パドカレ(パドカレ六本木)、ピアス¥5,940/アビステ、カゴバッグ/スタイリスト私物

スタイリスト 平井律子さん

ポイント
「ワンピースの重ね着ができれば、カジュアルはマスターできます」


SHOP LIST

アビステ 03-3401-7124
パドカレ六本木 03-6455-5570
マイク・グレー 03-6450-6518


撮影/三沖 直 スタイリング/平井律子 文/田中絵真

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※この記事の内容および、掲載商品の販売有無・価格などは2023年10月時点の情報です。販売が終了している場合や、価格改定が行われている場合があります。ご了承ください
※クレジットのないものは読者の私物です

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事