カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 9月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年9月号

2022年8月5日(金)発売
特別価格:1100円(税込)
表紙の人:西田尚美さん

2022年9月号

閉じる

2022.07

19

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

初期段階で気づきにくい卵巣がんの対策

卵巣がん1

卵巣がんは40代以降の女性に多い病気です。初期の段階では自覚症状がないことが多く、気付きにくいといわれる卵巣がん。知っておきたい対策についてまとめました。

卵巣がんとは

卵巣がん2卵巣がんは、子宮の左右にある卵巣に発生するがんです。
婦人科領域のがんの中では、子宮がんに比べると罹患数が少ないものの、卵巣がんの罹患数は増加傾向にあります。
40~60代の女性に多く見られますが、20歳前後から30代の若い女性がかかることもあります。

卵巣がんになりやすい人・症状

卵巣がんのリスク要因

卵巣がんには複数の種類があり、原因やリスク要因が明らかになっていないものもあります。
卵巣がんの中でもっとも多い上皮性の卵巣がんのリスク要因については、排卵誘発剤の使用、脂肪過多の食生活、喫煙、遺伝的要因などが知られています。
まずは栄養バランスの良い食事と適度な運動、禁煙を心がけましょう。

初期段階では症状がないことが多い

卵巣がんは、初期段階ではほとんど症状がないことが多く、見つかったときには進行していることが多い病気です。
症状がなく、命にかかわる状況を起こすことも多いため、別名“サイレントキラー”とも呼ばれています。

進行すれば下腹部にしこりができる、頻尿、便秘、腹痛、腹水がたまりお腹が張る、足がむくむなどの症状が出ることがあります。
早期発見・早期治療のためには、当てはまる症状があれば婦人科を受診しましょう。

早期発見が期待される「経腟超音波(経腟エコー)検査」

卵巣がん3卵巣がんの早期発見に有用とされているのが「経腟超音波(経腟エコー)検査」です。
「経腟超音波(経腟エコー)検査」とは、内診台に座り、膣に細長い機器を入れて子宮や卵巣の状態を詳しく確認するもので、数分あれば終わる容易な検査です。

子宮がん検診では内診と子宮頸部の細胞検査のみを行うことが多く、子宮頸がん以外の子宮や卵巣の病気は見落としてしまう場合があります。
子宮がん検診の際に「経腟超音波(経腟エコー)検査」も受けることで、卵巣がんや卵巣のう腫、子宮内膜症など、女性に多い病気を見つけやすくなります。

「経腟超音波(経腟エコー)検査」は婦人科の基本的な検査です。
子宮や卵巣の病気を早期に発見するために、定期的に子宮がん検診と合わせて「経腟超音波(経腟エコー)検査」を受けてはいかがでしょうか。

卵巣がんの検査と治療法

卵巣がん4

卵巣がんが疑われるときの検査

腹部の触診や内診のほか、超音波検査やCT検査、MRI検査などの画像検査、血液中の腫瘍マーカー検査などを行います。
腫瘍の大きさや状態、性質を見てがんかどうかを推測したり、ほかの臓器への転移がないかなどを調べます。

卵巣がんの治療方法

卵巣がんの治療では主に手術を行います。
手術でがんをできるだけ取り除き、手術後に薬物療法を行うことが多いです。
がんの進行状況によっては、先に薬物療法を行い、がんを小さくしてから手術を行うこともあります。

「国立がん研究センター がん情報サービス」によると、子宮体がんの5年相対生存率(2009年~2011年)は60%となっています。
参考サイト:国立がん研究センター がん情報サービス

(まとめ)
卵巣がんは初期段階で気付きにくい病気です。
まずは健康的な生活習慣で予防に努めるとともに、早期発見のためには、症状があれば早めに婦人科を受診するほか、「経腟超音波(経腟エコー)検査」も有力といわれています。
がんについて知り、できる対策を行いましょう。


監修
つづきレディスクリニック院長
吉岡範人

1978年生まれ。千葉県出身。2005年、聖マリアンナ医科大学大学院を卒業。同大学初期臨床研修センター、産婦人科に入局。16年間の医局勤務中、約2年間にわたりカナダ・バンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学へ留学。がんの研究に従事。2019年に事業を引き継ぐ形でつづきレディスクリニックの院長に就任。産婦人科医療と既存の事柄をかけ合わせることにより、新たな産婦人科医療を生み出しており、産婦人科領域における医療脱毛や訪問診療など新たな分野に挑戦している。また女性の働き方改善や待遇改善にも注視しており、サービスの良いホテルやレストランへの研修など医療界における持続可能な待遇改善にも注力している。

構成・文/大人のおしゃれ手帖編集部 画像協力/PIXTA
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!