カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 8月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年8月号

2024年7月5日(金)発売
特別価格:1420円(税込)
表紙の人:永作博美さん

2024年8月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【神野三鈴さん】
連載 「私的宇宙への旅2」

大人のおしゃれ手帖編集部

【神野三鈴さん】 連載 「私的宇宙への旅2」

この記事の画像一覧を見る(2枚)

前回は私に脳動脈瘤が見つかり、リスクの高い開頭手術をすべきか悩んだとき、自分の中から聞こえてきた声に従ったこと、そして脳の名医がいる札幌禎心会病院にたどり着くまでを。
今回はその続きを綴つづります。


天才脳神経外科医、上山博康先生からどんな診断が下るのか。
先生は優しい笑顔で私の目を見て「どうしたいですか?」と聞かれた。

「あなたの動脈瘤は大きいが破裂するとは限らない、一生破裂しないかもしれない。でも破裂したら場所から言って助からないか、重度の後遺症が残るだろう。しかし手術をしたから助かるとも限らない。開頭手術だけでも負担は大きいから、開けてみて決める訳にもいかない。答えが分からない以上、自分のしたい方を選んでください」と。

先生が最後の審判をしてくれるものと思ってはるばるやって来たのにと、振り出しに戻ったような気持ちになりながらも「母方の家族がみんな脳で命を落としているから自分はそれを断ち切るためにも、不安だけど手術がしたい。きっと破裂すると脳が話しかけてきたっていうか、声がしてですね…」と、私はすでに頭がやられていると診断されそうなことを破れかぶれに話した。

すると上山先生は大きな声で「それは正しい! 僕は西洋医学の医者だけど、スピリチュアルなものを信じてるんだよ。人間の体はそれがひとつの宇宙、見事な惑星なんだ。たとえば地球に例えると腸が村で、血管が川みたいにね。それぞれの細胞はいろいろなことを伝えている」。

先生曰く、見えない脳の中を私がひたすら考えて、自分の内側に意識を向け続けた結果、細胞たちのメッセージが聞けるようになったのだろうと。
そして人間がいろんな超能力を持っている証明にご自分のお母様のお話をしてくださった。

子どもの頃、運動会のかけっこで何位になるかお母様が前日に夢見て当てたとか、学校の成績の順位を点数まで正確に当てたなど。
不思議で深くて、ほのぼのしたお話に私はいつの間にか声を上げて笑っていた。

そして、遺伝というのは結局「お袋の味」が作るんじゃないかとお考えになっていること、身近に自分に似ている年配の親族がいたら、その人がどの年齢でどんな病に罹かかったか調べて、自分の検査のガイドにするといいということなどをお話しくださった。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事