カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.07

31

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

齋藤智子さんpresents 香りの力で自分を癒やす アロマの処方箋 vol.4

ゼラニウム

更年期悩みを香りで解決

今回から、大人のおしゃれ手帖世代とは切っても切り離せない「更年期」と香りの関係性について触れていきます。
心地よく毎日を過ごすための香りの使い方やアイデアを試していただき、少しでもポジティブに更年期を乗り切られるようになればと思います。

イライラや不安を鎮める香り

自分の心や感情の起伏をコントロールできないときにおすすめなのが、クラリセージ、ゼラニウム、イランイランといった香りです。

クラリセージ

クラリセージクラリセージには、酢酸リナリル、リナロール、スクラレオールという芳香成分が含まれています。
これらの成分には、女性ホルモン様作用(女性ホルモンと同じような働きをする作用)があります。
爽やかなシソ科の香りで、透明感があり、ブレンドに少し入れると軽やかさと柔らかさが加わります。

ゼラニウム

ゼラニウムゼラニウムは、心の緊張をほぐし、不安感やストレスを和らげる働きがあります。
保湿効果や皮脂バランスの調整作用があり、シミやシワなどのエイジングケア効果に期待ができるなど、スキンケアにも用いられる香りでもあります。
ゼラニウムの精油により、更年期特有の不定愁訴や不安感の軽減、活力の向上、肌や髪の潤い実感のアップがみられた、という研究結果もあるようです。

イランイラン

イランイラン「花の中の花」という意味のイランイランは1km先まで香るといわれるくらい、とても濃厚な香りです。
催淫作用としても有名ですが、実は心や体、肌のバランスを整えるのが得意。
含まれる芳香成分(β-カリオフィレン)には、エストロゲンの分泌を高める効果があるといわれています。
また、イランイランの香りを嗅ぐことで、生理痛や更年期症状の緩和も期待できるようです。

ほかにも、ローズオットー、ネロリ、ジャスミンなどの香りも効果的といわれています。
これらの精油には、オキシトシンという幸せホルモンを分泌させる働きもあるとされており、心をゆったりと落ち着け、多幸感を与えてくれる、そんな香りたちなのです。

おすすめの香らせ方

単体で香らせる場合

ティッシュに1滴垂らし、ゆっくり深呼吸をしながら嗅いでみてください。

ほかには、何かの基材(塩、ホホバオイルなどの植物オイル、ハチミツなど)に1滴混ぜて、お湯をためたお風呂に溶かしてください。
温かい蒸気とともにお風呂全体が香りで包まれ、脳も体もリラックスできます。

なお、これらはとても濃厚で強い香りのため、量は1滴で十分です。

何種類かを混ぜて香らせる場合

1)
レモン 3滴
オレンジスイート 2滴
ゼラニウム 1滴
ホーウッド 2滴
フランキンセンス 1滴

甘くすっきりとした香りを加えてくれるレモンは、気持ちを前向きに明るい気分にしてくれます。
ゼラニウムだけだと少し濃いかなという香りが、驚くほど嗅ぎやすくなります。
フランキンセンスでエンジングケアも期待できます。

2)
オレンジスイート 2滴
ベルガモット 2滴
ペパーミント 1滴
イランイラン 1滴
ラベンダー 2滴
サンダルウッド 1滴

オレンジスイート、ラベンダーは副交感神経を優位にしてゆったりとさせる鎮静作用がある香りです。
今夜はぐっすり眠りたい、という日におすすめです。
サンダルウッドの深く甘い香りは瞑想のように心を落ち着けてくれるでしょう。

3)
オレンジスイート 2滴
グレープフルーツ 2滴
ユズ 1滴
クラリセージ 1滴
フランキンセンス 1滴

クラリセージ単体は苦手という方もいらっしゃるのですが、柑橘類を少しずつ混ぜて、香りがまろやかになり深みと奥行きが加わります。

大切なのは、体に作用する香りを、自分の好きな香りで楽しめるかです。
好きな香りはまた嗅ぎたいなと思いますし、今日はこれ、と選ぶ楽しみも増えていきます。
ぜひ実践してみてくださいね。


齋藤智子さんpresents 香りの力で自分を癒やす アロマの処方箋

齋藤智子

一般社団法人プラスアロマ協会代表理事、アロマ調香デザイナー®️
京都で10代続く家に生まれ、白檀の香りに魅かれて調香の世界へ。20年間で創作した香りは6000種以上。代表作「TRANSITIONS」〜ミラノで最も美しい空気〜(Milano design award best technology賞)はミラノサローネで60万人の心を動かした。国内外で企業やブランドのアロマ空間演出を手がけるほか、美術館の創香などアート分野の企画も多い。近年は、日本各地の農家や蒸留所との連携、マーケティングやサイエンス分野の研究など香りの可能性を広げる活動も行う。著書『アロマ調香デザインの教科書』(BABジャパン出版)。

アトリエHP

協会HP

Instagram

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!