カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.06

15

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

視力低下を諦めない! 9割の人に効果アリの「眼トレ」

遠近トレーニング

大人の多くが悩みを抱えている「老眼」と「目の健康」。
視界のよしあしは、生活の質に直結する大事なテーマだからこそ、話題の「眼トレ」は老眼の憂鬱な悩みに希望をもたらしてくれます。

日比野佐和子

お話を聞いたのは・・・
日比野佐和子先生

Rサイエンスクリニック広尾医院長
大阪大学医学部大学院医学系研究
臨床遺伝子治療学特任准教授

<profile>
内科医、皮膚科医、眼科医、アンチエンジングドクター。クリニックでは西洋医学と東洋医学を駆使したアンチエイジング医療を提供。著書『9割の老眼は自分で治せる』(KADOKAWA/中経出版)、『日めくり まいにち、眼トレ』(扶桑社)が評判に。

1.老眼にも有効! 劇的に視力がよくなると話題

「目のまわりにはピントを調整する筋肉がたくさんあり、加齢によって筋肉の動きが鈍くなると老眼の症状が表れます。
体を鍛えるのと同じように、目のまわりの筋肉も眼トレでストレッチすることでほぐされ、刺激を与えて鍛えることでピント調整がスムーズになり、老眼を改善することができます」というのは眼科医の日比野先生。

そこで、先生が提唱する「眼トレ」から、おすすめのものをいくつかご紹介。
1日1種類を選んで、朝昼晩の1日3回、根気強く続けてみて。

眼トレ日比野先生の著書『日めくり まいにち、眼トレ』
※「眼トレ」は眼科治療のない人が対象です。視力に関する効果には個人差があります。

2.遠近トレーニング

遠くを見ることと近くを見ることをくり返すことで、ピントを合わせる際に働く毛様体筋を含む内眼筋のストレッチに。
1日に何度でも気づいたときに行って。

遠近トレーニング

【やり方】

① 腕を伸ばして親指を立て、爪を1秒凝視します。
② 視線を3~5メートル先に向け、対象物を決めて1秒凝視します。指と対象物が一直線になるようにしましょう。
③ ①と②を30回程度くり返します。

3.8点グルグル体操

黒目を上、斜め上、横…と動かして8点を凝視することで、眼球に付随している筋肉群を動かすことに。
一点一点を凝視する気分で行えば血行を促せます。

眼トレ

【やり方】

① 顔をまっすぐ前に向け、目だけ上を見て対象物を決めて凝視し、1秒キープ。
② 同様に以下の8か所をそれぞれ1秒ずつ順に凝視しましょう。「斜め右上→右横→斜め右下→下→斜め左下→左横→斜め左上→上」。

4.ツボ押し

目につながる血行をよくするツボを刺激することで、眼トレの効果をさらにアップ。スキンケアのときなど毎日の習慣に。
リフトアップも期待できます。

眼トレ

【やり方】

① イタ気持ちいい強さで、指で3~5秒、息を吐きながらAから順に押しましょう。
② 1を5回ほどくり返してください。

<ツボ>
A 晴明(せいめい) 
 効果:疲れ目の解消、目元のシワとり
B 太陽(たいよう) 
 効果:疲れ目の解消、かすみ目の改善
C 顴髎(けんりょう) 
 効果:眼精疲労解消、目の黄ばみ解消、目元や額のシワ予防
D 瞳子膠(どうしりょう) 
 効果:目元のシワとり、頭痛の改善
E 陽白(ようはく) 
 効果:目の上の痛みの解消
F 四白(四白)
 効果:眼精疲労の解消、目元の痙攣の解消、頭痛の解消

5.平面遠近読み取りトレーニング

眼トレ

【やり方】

顔を動かさずに目だけを動かして、五十音順に文字を追いかけましょう。
※60秒を目安に無理せずできる範囲でOK

6.図形探し

眼トレ

【やり方】

顔を動かさずに目だけを動かして、同じ図形を探しましょう。
※目標時間は15秒以内

7.数字探し

眼トレ

【やり方】

顔を動かさずに目だけを動かして、1~30まで指先でタッチしましょう。
※60秒を目安に行ってください

8・毎日続けることが大切

そのほか、簡単な眼トレのひとつに、「寄り目」があります。
ピントの調整機能がはたらいて内眼筋のストレッチになります。
目が疲れたなと思ったら、黒目を内側に寄せてリフレッシュを。

また、眼トレをしていて「目が乾くな」と思ったらドライアイかも。
青背の魚に多く含まれるDHAやEPAは、角膜の柔軟性を高めてドライアイの改善につながるので、つとめて摂取を。

なお、「眼トレ」は、毎日続けることが大切。
2週間〜3か月くらいで効果が表れてくるそうです。

「抗酸化力のあるビタミンA・C・E、ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンなど、目にいい栄養素をとり体の中からもケアするとさらに効果的です」

撮影/上原朋也 イラスト/ミエ峰松 文/高橋マキ 安田晴美 田中絵真 
『大人のおしゃれ手帖』2016年7月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!