カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.06

16

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

夏バテを救う「だし」料理

暑さで食欲減退。
そんなときでもおいしくいただけて、パワーチャージができる
うま味あふれる「だし」を使ったレシピを、
料理家・飛田和緒さんが教えてくれました。

教えていただいたのは…

【飛田和緒さん】
profile 料理研究家。旬の素材を活かし
シンプルながら独自性のある家庭料理が人気。


今回使う「だし」

昆布と鰹節でさっぱりしたうま味に「水出し」

「簡単に水出しでおいしいだしがとれますよ」。

容器に水を2リットル入れ、
好みの大きさにカットした昆布と鰹節を入れてひと晩おく。冷蔵庫で2〜3日保存できる。

水出しで使った昆布と鰹節を煮出して「二番出し」

「水出しした昆布と鰹節からも、煮出せばまだまだおいしいだしがとれるんですよ」。
ポイントは、水に昆布と鰹節を入れて5〜6分静かに中火で煮出すこと。


せん切り野菜の夏鍋

冷たいものを食べたくなる夏だけど、あえてあたたかい鍋を。
だしと野菜たっぷりのしゃぶしゃぶで、体をあたためて。

材料(2人分)

もやし … 150g、きゅうり … 1 本、ズッキーニ … 1/2 本、パプリカ(赤・黄) … 各1/2 個、豚肉(しゃぶしゃぶ用) … 約150g
だし … 3カップ、塩 … 小さじ1/2、ナンプラー … 小さじ2 ~ 3
好みでゆずこしょう、すだちなどの柑橘類

作り方

1⃣ もやしはできる限りひげ根をとり、ほかの野菜はもやしの長さに合わせて、
  すべて太めのせん切りに。

2⃣ だしをあたため、塩、ナンプラーを入れる。

3⃣ だしがふつふつとしたら、野菜を1/3 ほど入れ、火が通ってきたら、
  肉を入れて火を通し、肉で包むように野菜をとり、
  好みでゆずこしょうやすだちなどの果汁をつけて食べる。


すだちそば

だしのおいしさをしみじみと味わえる、シンプルなおそば。
具は何も入れず、すだちだけを贅沢に浮かべて香りも楽しむ夏らしい一品

材料(2人分)

だし … 2と1/2カップ
塩 … 小さじ1/3
薄口しょうゆ … 小さじ1/2 ~ 1

作り方

1⃣ だしと塩、しょうゆを合わせて冷やしておく。

2⃣ すだちは薄く輪切りにする。

3⃣ そばをゆで、冷水にとってよく洗い、水気をしっかりと切って器に入れる。

4⃣ だしを注ぎ、2⃣のすだちを広げるようにして盛りつける。



パワーチャージのとろろごはん

滋養があるとろろと牛肉の組み合わせで元気をチャージ。
とろろにだしを加えることで、さらにのどごしもなめらかに。

材料(2人分)

長いも、大和いもなど … 150g、だし … 約1/2カップ、塩 … ふたつまみ
牛肉(切り落とし) … 80g、しょうゆ、砂糖… 各小さじ1と1/2
きゅうり … 1/2 本、みょうが … 1 個、青じその葉 … 4 枚
ごはん … 適量

作り方

1⃣ 牛肉は油をひかずに炒め、しょうゆと砂糖で甘辛く味をつける。
  きゅうりは薄く小口切りにし、塩少々(分量外)でもみ、しっかりと水気を絞る。
  みょうがは薄く小口切り、青じその葉はせん切りにする。

2⃣ 長いもはひげ根をガスの火であぶり、皮ごとすりおろす。

3⃣ 2⃣ にだしを少しずつ加えながらよく混ぜ、好みの濃度にのばして塩で薄く味をつける。

4⃣ ごはんを器に盛り、3⃣ のとろろをかけ、1⃣を盛りつける。

【POINT】

長いもや大和いもはよく洗い、ひげ根はガス台の火であぶって取る。
皮はむかずにすりおろすとさらに栄養が摂取できる。


食べるようにいただくコーンスープ

新鮮なコーンを使ったうま味たっぷりのスープ。
シャキシャキとしたコーンの食感を味わうために、つぶしすぎないのがポイント。

材料(2人分)

とうもろこし … 1本(ゆでて粒を外す)
玉ねぎ … 1/4 個(薄切り)
豆腐 … 1/2 丁(約100g)
だし … 2カップ
塩 … ふたつまみ

作り方

1⃣ 鍋にとうもろこし、玉ねぎ、だしを入れて煮る。玉ねぎがやわらかくなったら、
  豆腐を入れてひと煮し、ハンドミキサーなどで撹拌する。

2⃣ とろみがつくまで撹拌したら、塩で味をととのえる。

【POINT】

ポタージュのとろみをつけるために豆腐を入れる。
じゃがいもやごはんを使うことが多いけれど、豆腐ならさっぱりとした味わいに。

photograph:Takako Hirose
styling:Kyoko Komai
text:Tsumugi Takahashi

大人のおしゃれ手帖2014年9月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!