カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

清水ミチコのシミチコキッチン Vol.7
〜シンプルスコーン〜

清水ミチコさんが自宅のキッチンからお届けしているYouTubeチャンネル「シミチコキッチン」と「大人のおしゃれ手帖」の連動企画!
毎月一品、清水さんのオリジナルレシピを「大人のおしゃれ手帖」発売日に公開しています。
動画を見ながら、Let’sクッキング♪

シンプルスコーン

今回はスコーンに挑戦したいと思います! 
スコーンは、あっさりというかさっぱりというか淡白で、日本でいうとお餅のよう。
ジャムとかクリームをつけて食べるのですが、その味を邪魔しない、そういうおとなしさがございます。

〔 材料 〕
小麦粉(薄力粉) …… 400g
ベーキングパウダー …… 大さじ2
砂糖 …… 大さじ1
塩 …… 小さじ1/2
バター(無塩) …… 200g
牛乳 …… 200cc

〔 作り方 〕

私、張り切っていたのですが、うっかり生地を作るところを録画し忘れておりました……。
今若い方の間で流行っている「タイパ」ですか。
タイムパフォーマンスといって、ビデオも2倍速で見ているという時代でございます。
「タイパしてるんだなー」とご理解いただきたい。
(ボウルに小麦粉・砂糖・塩・ベーキングパウダーを入れ、泡立て器でまんべんなく混ぜたあと、よく冷えたバターを粉に入れ、ドレッジなどを使ってバターを切るように細かくし、ある程度細かくなったら、手の熱でバターが溶けないように注意しながら、粉チーズ状のポロポロした状態になるまで混ぜる。つぎに牛乳を入れて混ぜる。手で折りたたむようにしてまとめていき、粉っぽさがなくなってひとまとまりになったのが、写真の状態。のばす前の打ち粉をしています)

生地をのばしていきます。
薄くてちょうどよさそうなところまでのばしても、空気を含んで層になったほうがおいしいので、折りたたんでのばす、折りたたんでのばすを2回ほど繰り返してまとめます。

さあ、いちばん楽しいところですね。
型抜きするところを一緒に楽しもうではありませんか。
今考えたら、抜いたあとの穴あきの生地を焼いてもおもしろかったのに、とも思いましたが、普通のスコーンを作ってしまいました……。

ほら、このブタ鼻形に抜いたのも焼けばよかったなあ……と反省しつつ。

オーブンは200℃に温めまして20分焼きますと完璧でございます。
層もしっかりできております。

動画もチェック!

作って楽しい!食べて美味しい!!
超簡単で失敗無し!
シンプルスコーンをご紹介します〜♪

清水ミチコ

岐阜県出身。1987年のデビュー以降、テレビ・ラジオのほか、エッセイ執筆、CD制作、ライブと、幅広く活躍。YouTubeでは、「清水ミチコのシミチコキッチン」「清水ミチコのシミチコチャンネル」「SHIMIZM(シミズム)」と、3つの番組を配信中。日本各地でライブツアーも継続中。詳しくは、4325.netをチェック!


撮影/白井裕介 イラスト/堀道広 文・編集/鈴木香里

大人のおしゃれ手帖2023年3月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!