カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【大人のツヤ肌】キレイの秘密は“薄づきベースメイク”

大人のおしゃれ手帖編集部

ベースメイクは、見た目の印象を左右する大切な要素。
簡単に美しく映える肌作りを、ヘア&メイクアップアーティストの千吉良恵子さんに教えてもらいました。

アイテムをアップデートして簡単キレイを実現

幅広い年代のキレイを引き出す千吉良さん。ズバリ50代の肌に必要な要素とは?

「年齢を重ねるにつれて失われる、潤いとハリ、そしてハッピー感! これらを肌にまとわせるだけで、生き生きとした印象になるんです。潤いとハリは、流行のみずみずしく薄づきのファンデーションにおまかせ。ハッピー感は、ピンク系下地で血色感を補うことで演出できます」 

そしてもうひとつ、大人の肌作りに大切なことが。

「粗を隠そうと頑張りすぎないこと。コンシーラーやファンデーションを重ねすぎると、不自然な厚さが出て、悪目立ちします。それよりも下地で肌の完成度を高め、ファンデーションは薄く塗ったほうがだんぜんキレイ。最新のベースメイクアイテムはどれも優秀なので、薄づきで十分美肌に仕上がりますよ」


ツヤ肌必須アイテム 1
血色感をアップするピンク下地

肌全体を光で包んでくすみとお疲れ感を払拭!
今シーズンは、トーンアップ×血色感を叶えるピンク系下地が豊作。
光の反射で年齢肌のくすみを自然に隠してくれる優れもの揃いです。
良い下地を使えば、それだけで肌作りの7割が完成。健康的な美肌に底上げできます。

1. のせるのは顔の上部のみ。中央部に光を集める

下地を両頬と額にのせる。顔の中央部だけにのばすので量は少なめに。
外側にのせないことで顔の中央に光が集まり、立体感が生まれる。

2. スキンケアのように両手でサッと広げる

両頬は中央から外側へ、額は左右に下地をのばす。
指に残った下地は上まぶたにのせて。
フェイスラインや鼻の下、アゴは素肌のままでOK。

3. 1スポンジでムラをなじませ密着感を高める

スポンジをすべらせるように下地を均一にのばし、素肌との境目をなじませる。
小鼻のキワや目のくぼみなどの細かな凹凸にはスポンジの角を使って。

プラスαの美肌テク
〜肌悩みをカバーするコンシーラー使い〜

目の下のクマはクリーミィ質感で

青いクマを隠すなら、オレンジ系でのびのよいチップタイプがおすすめ。
クマの下辺にのせたら、指でトントン上へ広げながら肌になじませて。

硬めのスティックでシミ隠し

肌と同じ色のスティックタイプをシミに直塗りしたら、指でなじませる。
上からパウダリーファンデを重ねて蓋をするとより目立ちにくい。

筆タイプで口元に若さをプラス

下がった口角は老け見えに。
筆ペンコンシーラーで口角キワにくの字を描いて唇の輪郭を出す。
境目をなじませるとリフトアップして見える。


この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!