カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

素敵に年を重ねたい! シルバーウィークにおすすめ映画3選

中山恵子

顔たち、ところどころ

この記事の画像一覧を見る(9枚)

『顔たち、ところどころ』©Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016


敬老の日を含むシルバーウィークには、人生の先輩への敬意を込めて、高齢女性が主人公の映画を楽しんでみてはいかがでしょうか。そこで今回は、映画監督アニエス・ヴァルダのドキュメンタリー『顔たち、ところどころ』と、熟年女性がヒロインの映画『チア・アップ!』と『しあわせの雨傘』の3本を紹介します。素敵に年を重ねている彼女たちの姿に、こちらも元気をもらえそうです。


アニエス・ヴァルダと写真家JR、年の差54歳のふたり旅
『顔たち、ところどころ』(2017年)

顔たち、ところどころ©Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016

 女性映画監督の先駆者でありヌーヴェルヴァーグの巨匠のひとりアニエス・ヴァルダ(作中で87歳)と写真家でアーティストのJR(作中で33歳)の54歳差の2人が一緒に映画をつくることに。JRが所有する“写真スタジオ付きトラック”を気に入ったアニエスは、その車に乗ってフランスの村々をめぐり、人々の顔を撮ることにします。

 アニエスの目は年のせいで見づらくなっていきますが、それさえアートに昇華しようとする2人。一方、サングラスを決して取ろうとしないJR。そんな2人が語り合い、笑い合い、寄り添いながら、村で出会った人々のポートレートを撮っていきます。人々も2人のプロジェクトに参加することでアートの一部となることを喜び、誇らしく感じているように見受けられます。

顔たち、ところどころ©Agnès Varda - JR - Ciné-Tamaris - Social Animals 2016

 ツートーンの髪色でポップなファッションに身を包むアニエスは、杖をつきながらもかくしゃくとしていてチャーミング。落ち着いたトーンの声が耳に心地よく、若いJRに話してきかせるジャン・リュック・ゴダールとのエピソードにも興味をそそられます。身体は衰えてきても、人間への興味、想像力、情熱は衰えていないアニエス。さすがは生涯現役の映画監督だったといえます。2019年3月に90歳で生涯を閉じましたが、映画史にその名を残す存在です。

顔たち、ところどころ

『顔たち、ところどころ』

DVD ¥4,180
発売元:アップリンク
販売元:TCエンタテインメント


いつだって輝ける! おばあちゃんたちのチアリーディング・クラブ
『チア・アップ!』(2019年)

チア・アップ!©2019 POMS PICTURES LLC All Rights Reserved

 独り身で子どものいないマーサ(ダイアン・キートン)は生前に“遺品セール”をして、高齢者居住区へ引っ越します。静かに余生を送ろうと思っていたものの、お節介な隣人のシェリルに若い頃にあきらめた夢を話したことから人生は思わぬ方向に動き始めます。シェリルは夢を叶えるべきだとマーサをたきつけ、チアリーディングのクラブを発足。集まったのは、平均年齢72歳の足腰に痛みを抱えるおばあちゃんたち8人。若い子や男性たちに嘲笑されながらも練習を重ね、大会にエントリーを果たしますが……。

チア・アップ!©2019 POMS PICTURES LLC All Rights Reserved

 チアを始めたことで、いきいきと表情を輝かせていくおばあちゃんたち。そんな姿が多くの人々の心をとらえ、次第に味方も増えていきます。たとえうまくいかなくてもやりたかったことをあきらめたままで終わるのではなく挑戦してみたい、そんなふうに思えるエネルギッシュで心温まる作品です。

チア・アップ!

『チア・アップ!』

DVD ¥4,180
発売元:ニューセレクト/クロックワークス
販売元:アルバトロス


“お飾りの妻”が本領発揮で人生を謳歌
『しあわせの雨傘』(2010年)

しあわせの雨傘©Mandarin Cinema 2010

 舞台は1970年代。雨傘工場経営者ロベールの妻であるスザンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)は、朝のジョギングとポエム作りが日課のブルジョワ主婦。美しく着飾って夫のいいなりになっているだけの「飾り壺」と揶揄されているスザンヌですが、ある日、病に倒れた夫の代わりに工場を経営することに。主婦からボスになったスザンヌは、持ち前のセンスと人柄で従業員の心をつかみ、雨傘工場の再生にこぎつけます。やがて退院して戻ってきた夫とボスの座をめぐって争うことに!

しあわせの雨傘©Mandarin Cinema 2010

 お飾りの妻が本領を発揮してやり手のボスになっていく姿が小気味よい本作。雨傘工場という設定から、カトリーヌ・ドヌーブの若き日の名作『シェルブールの雨傘』へのオマージュとしてフランソワ・オゾン監督が遊び心を取り入れて撮ったことが明白な美しき痛快作です。撮影当時、ドヌーブは67歳。絶世の美女といわれたドヌーブが真っ赤なジャージ姿を披露したことが劇場公開時に大きな話題になりました。ドヌーブの貫禄あるマダムぶりやブルジョワ家庭の美しいインテリアも楽しめます。

しあわせの雨傘

『しあわせの雨傘』

ブルーレイ ¥2,200/DVD ¥1,257
発売元・販売元:ギャガ


※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※価格は、断りのある場合を除き、消費税込みで表示しています
※この記事の内容および、掲載商品の販売有無・価格などは2023年9月時点の情報です。販売が終了している場合や、価格改定が行われている場合があります。ご了承ください

この記事の画像一覧

  • 顔たち、ところどころ
  • 顔たち、ところどころ
  • 顔たち、ところどころ
  • チア・アップ!
  • チア・アップ!
  • チア・アップ!
  • しあわせの雨傘
  • しあわせの雨傘
  • しあわせの雨傘

この記事の画像一覧を見る(9枚)

この記事のキーワード

構成・文

中山恵子

中山恵子

ライター。2000年頃から映画雑誌やウェブサイトにてコラムやインタビュー記事を書いている。特に好きな映画は、ヴィヴィアン・リーの『哀愁』、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピーの『ビフォア』シリーズ、中江裕司監督の『ナビィの恋』、フランソワ・オゾン監督の『焼け石に水』など。生活や教育に関する媒体でも執筆。趣味は、海への旅行、お菓子作り。

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事