カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

シャネル、サンローラン、マルジェラ……ハイブランド映画3選 ~時代を創ったファッションデザイナーたちの光と影~

中山恵子

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”

この記事の画像一覧を見る(10枚)

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』© 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions




いつの時代も人々を虜にしてきた、新しくて美しいファッション。今でこそ老舗といわれるブランドも、誕生当時は斬新で挑発的と受け取られ賛否を呼んだこともあるといいます。それでも己を信じて創作を続け、モード界の潮流をつくったファッションデザイナーたち。その傑出した才能と苦悩に迫る映画・ドキュメンタリーを紹介します。

イヴ・サンローランの輝きと退廃に満ちた10年間
『SAINT LAURENT/サンローラン』

SAINT LAURENT/サンローラン©2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

 エレガンスを体現したファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。クリスチャン・ディオールのアシスタントを経て、21歳で「ディオール」の後継者となり、1961年に恋人ピエール・ベルジェの出資により「イヴ・サンローラン」を設立。1965年に発表したモンドリアン・ルックが世界的に注目を集めた直後の1967年からの10年間にスポットを当てた伝記ドラマです。

SAINT LAURENT/サンローラン©2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

 華々しい成功を収めたイヴは、女性たちに動きやすいメンズライクなファッションを提案するなど新しいモードを生み出す一方、重圧に苦しんでいました。ブランドのミューズやモデル、男性の愛人らと刹那的な快楽に溺れても孤独感は募り、戦争に徴兵された際にストレスから精神を病んだことも影響してアルコールやドラッグ漬けの日々に。そんな彼をピエールは支え続けますが、やがてデザイン画さえ描けなくなっていきます。

SAINT LAURENT/サンローラン©2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

 繊細でシャイで類まれな才能を持つファッションデザイナーの絶頂期をギャスパー・ウリエルが演じた本作。劇中の優美なファッションだけでなく、退廃的に煌めくナイトクラブの様子など、映画全体がアートのような美しさ。イヴは、男性用香水の広告として自らがヌードになったポートレイトを使用して世界中に衝撃を与えましたが、その撮影シーンも再現されています。

SAINT LAURENT/サンローラン©2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

 最後にギャスパー・ウリエルのことも。シャネルの香水のモデルを長く務めたフランス映画界きっての美形俳優。彼が10代の終わりに出演した『かげろう』では、未亡人役のエマニュエル・ベアールと恋に落ちる年下の青年を演じ、あまりに美しい顔立ちが話題となりました。その後、ハリウッド映画にも進出しましたが、2022年1月にスキー中の衝突事故により37歳で帰らぬ人となりました。中年期に入り渋さを増しつつあった彼の今後の出演作を観られないことはとても残念ですが、本作でのウリエルの美しさは、美を追求したイヴ・サンローラン自身を表現するのにふさわしいといえるでしょう。

SAINT LAURENT/サンローラン

『SAINT LAURENT/サンローラン』

2014年製作
U-NEXT配信中


孤児院育ちの少女が世界のシャネルになるまで
『ココ・アヴァン・シャネル』

ココ・アヴァン・シャネル©Haut et Court - Cine@ - Warner Bros. Entertainment Inc. France et France 2 Cinema

 「シャネル」の創設者で世界一有名なファッションデザイナーともいえるガブリエル・シャネルに関する映画はいくつかありますが、本作は成功をつかむまでの若き日を『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演で描いた伝記映画です。
 フランスの片田舎の孤児院で育った少女は、施設を出た後にお針子として働きながらキャバレーで歌い、そこで出会った貴族エティエンヌ・バルザンに見初められて愛人となります。そう、少女シャネルは歌手を夢見ていたのです。「ココを見たのは誰?」という歌をキャバレーで歌っていたことから「ココ」と呼ばれるようになった彼女は、バルザンの屋敷で暮らしながら乗馬を覚え、アーサー・カペルと恋に落ちます。貧しさと孤独に耐えてきた少女にとって、裕福な屋敷での安全な暮らしは夢のようなものだったでしょう。

ココ・アヴァン・シャネル©Haut et Court - Cine@ - Warner Bros. Entertainment Inc. France et France 2 Cinema

 でも、ココは反骨精神の持ち主でした。ココが作る男物のような帽子は大きな羽根飾りをつけた帽子をステイタスとする貴婦人たちにとって衝撃的なものであり、ココが身に着けた、コルセットもスカートのボリュームもないブラックのドレスもまた斬新なものでした。ココが提案するシンプルなスタイルに、女性たちは自由を感じたのです。自信と少しの不安と感動の入り混じったようなラストシーンのココの表情が印象的です。

ココ・アヴァン・シャネル

『ココ・アヴァン・シャネル』

2009 年製作

ブルーレイ ¥2,619/DVD ¥1,572
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント


謎の存在であり続けるデザイナーが自ら語る
『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”© 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

 モデルの顔をマスクで覆ったファッションショーや足袋ブーツなどの意表をつくデザインで人気を呼んだ「マルタン・マルジェラ」。80年代末から2000年代にかけてモード界の寵児でありながら、一切公の場に姿を現さず取材も撮影も断り続け、匿名の存在であり続けたファッションデザイナーのマルタン・マルジェラは、2008年にブランド20周年のショーを開催し、同日にファッション界の引退を発表しました。それから10年を経ても相変わらず姿を見せないマルジェラが、初めて自身のキャリアやクリエイティビティについてカメラの前で語った貴重なドキュメンタリーです。

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”© 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

 マルジェラの信頼を勝ち得ることに成功したのは、『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を撮った監督のライナー・ホルツェマー。ドローイングや膨大なメモのほか、“初めて作った服”も披露。仕立て人だった祖母の影響で子どもの頃からバービー人形の服を作っていた少年マルジェラが作った小さなジャケットが、そのまま「マルタン・マルジェラ」であることに驚かされます。
 マルジェラ自身の語りと、若き日のマルジェラをアシスタントとして採用していたジャン=ポール・ゴルチエらの証言によって振り返るひとりのファッションデザイナーの歩みは、そのまま80年代末から今日に至るファッション界の流れでもあります。淡々とした構成ながら、成功者であることよりもファッションデザイナーであり続けたかったマルジェラの思いが伝わってくる作品です。

『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』

2019年製作

Amazon Prime Video、DICE+で配信中

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※価格は、断りのある場合を除き、消費税込みで表示しています
※この記事の内容および、掲載商品の販売有無・価格などは2023年12月時点の情報です。販売が終了している場合や、価格改定が行われている場合があります。ご了承ください

この記事の画像一覧

  • SAINT LAURENT/サンローラン
  • SAINT LAURENT/サンローラン
  • SAINT LAURENT/サンローラン
  • SAINT LAURENT/サンローラン
  • SAINT LAURENT/サンローラン
  • ココ・アヴァン・シャネル
  • ココ・アヴァン・シャネル
  • ココ・アヴァン・シャネル
  • マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”
  • マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”

この記事の画像一覧を見る(10枚)

この記事のキーワード

構成・文

中山恵子

中山恵子

ライター。2000年頃から映画雑誌やウェブサイトにてコラムやインタビュー記事を書いている。特に好きな映画は、ヴィヴィアン・リーの『哀愁』、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピーの『ビフォア』シリーズ、中江裕司監督の『ナビィの恋』、フランソワ・オゾン監督の『焼け石に水』など。生活や教育に関する媒体でも執筆。趣味は、海への旅行、お菓子作り。

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!