カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.08

11

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

はっか油のすすめvol.2
〜夏の外出を快適に〜

暑い日の外出も、爽やかな香りをまとえば快適に過ごせます。
「バッグには5mL 用のドロッパー付きのびんを入れて」と前田さん。
ふたを開けて静かにスーッと香りを吸い込めば、いつでもどこでもリフレッシュが可能。
外出先でのマウスウォッシュも手軽に試せます。

暑い日の感染対策も気分よく はっかマスク

外出時の必須アイテムとなったマスクにも、はっかの香りをプラス。
マスクの気になるにおいやわずらわしさを、爽やかな香りが打ち消してくれますし、風邪予防にもなります。

「外出時に、はっかのコットンと替えのマスクをビニール袋に入れて持ち歩くと安心です」

【 用意するもの 】
・はっか油…5滴
・化粧用コットン( またはコットンボール)…1~2枚
・市販の不織布マスク……10枚
・ふたつきの容器( またはジッパー付きビニール袋)

【 作り方 】
①コットンにはっか油を含ませる。
②容器かビニール袋に①を入れて、マスクを入れる。マスクの内側とコットンが直接触れないように注意する。
③密閉して1時間以上置き、はっか油の香りがマスクに移ってから使う。


はっか色の空気をまとう 衣類にはっか油

コットンTシャツなど気を使わない普段着なら、わきの部分や襟元にはっか油をシュッ。
透明なので色がつく心配はありません。
ただ、汗をかいて衣服がはりついたときに、刺激になる人もいるので気をつけて。
汗拭き用のハンカチに、はっかのコットンボールを包んでも〇。

ポケットがあれば、はっかのコットンボールをしのばせます。はっかの香りが体温でじんわり広がって、爽やかに過ごせます。

帰宅したら、脱いだ靴の中にコットンボールをポンと入れるだけ。気になるにおいも、雑菌も退治できます。

*靴下にコットンボールと乾燥剤を入れ、リボンで口を縛ればシューピローに。香りが薄れたらコットンボールを入れ替えます。


いつでもどこでも息スッキリ マウスウォッシュ

歯磨きができないときや口臭が気になるときは、その場でマウスウォッシュを作ってケアを。
溶けにくいので、冷たくない水を使って、ていねいにかき混ぜて。
ゆっくり口に含んで2、3口飲み込めば、口の中の汚れも息もスッキリ。
炭酸水を使うとさらに効果がアップします。

【 用意するもの 】
・はっか油…1滴
・水、または炭酸水( 冷たくないものがベター)…200mL

【 作り方 】
①グラスの水(または炭酸水)にはっか油1滴を垂らす。
②マドラーなどで、ていねいに手早くかき混ぜる。

家で使うなら、作り置きを。
水100mLにはっか油1 滴を垂らします。
勢いよく振り混ぜたら、さらに水100mLをよく混ぜ合わせて。
1 回に50~100mL 使います。


教えてくれたのは・・・
前田京子さん
国際基督教大学教養学部、東京大学法学部卒業。米大学外国語学部で講師を務め、帰国後は編集者として活躍。現在は健康で快適なライフスタイルの実践をつづっている。『お風呂の愉しみ』(飛鳥新社)、『はっか油の愉しみ』(マガジンハウス)など著書多数。

撮影/三沖 直 スタイリング/平井律子 イラスト/中島香奈 文/寺本 彩
大人のおしゃれ手帖2021年9月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!