カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.06

15

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

心地いい夏を迎えるために、見直したい日々のこと -「住」編-

心地いい夏_住a

涼しく過ごせる家づくりや、効率よく仕事をする時間の使い方などを見直して、もっと心地よく過ごせる生活を送りませんか。

庭の草むしり、水やりは朝のうちに

心地いい夏_住d

木々の緑が深まり、鮮やかな色の夏の花々には心が癒やされます。
夏は草木にとって成長の季節。しっかりとお手入れをして楽しんでみてはいかがでしょう。
暑い夏の草むしりや水やりなど、外で行う作業は朝のうちに。
朝露で草も土も湿り気があるので柔らかく、草むしりも楽になります。
また、外に出るときは朝だからと油断せず、帽子やカーディガンでしっかりと日よけや暑さ対策を行いましょう。

家のあちこちに、一輪挿しを

心地いい夏_住e

家の中の所々に花を飾っておくと、家事をしながらでも目に入って自然と癒やされます。
手の込んだものでなくても、朝の庭仕事で見つけた野花を一輪挿しにするだけで、インテリアのポイントに。
しかも、きれいなものを置くと、不思議とその周りから整理されて家の中が片づくのだそう。
ガラスの花瓶なら涼も感じられそうですね。

風の通り道をつくる

心地いい夏_住c

ムシムシと暑い日に、室内の空気がじっとりと停滞していてはさらに暑さを感じ、息苦しささえ感じてしまいます。
そこで、家中の厚手のカーテンを外し、ふすまやカーペットを片づけるだけで、部屋の中にすーっと涼しい風が吹き込みます。
ドアと窓の間など、風の通り道になるところに扇風機を置くのも効果的です。
熱中症にならないよう、エアコンを上手に使いながら空気の入れ替えをしましょう。

インテリアに青を取り入れて

心地いい夏_住f

クッションカバーやコースターなど、ほんのちょっとのインテリアでも、青を入れることで涼を感じる室内に。
ファブリック類は、綿や麻などの素材がおすすめです。
食卓には、涼しげな青い器やガラスの器を取り入れて、清涼感を演出しましょう。


お話を伺ったのは…
藤沢友の会「住」グループの皆さん 
全国に会員を2 万人ほど持ち、衣・食・住・子どものことなどを学び合う会、「全国友の会」南関東部・藤沢友の会。家庭生活の向上を目指し、さまざまな家事の提案をしている。

構成・文/大人のおしゃれ手帖編集部
※大人のおしゃれ手帖2014年7月号をもとに再編集
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!