カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

スパイスの効能をもっと体に 
大人の新習慣は「薬膳カレー」!vol.2

具材とスパイスを炒めて、後はサッと煮込むだけ。
本格スパイスカレーは、実は手軽で簡単。
野菜は旬なものを使って、季節に合わせてアレンジを!

教えてくれたのは・・・

料理家・国際中医薬膳師・国際中医師
井澤 由美子先生

体が本来持ち合わせる力を、中医学・薬膳の考え方で引き出す料理を提案。
作り手に負担がない、再現しやすいレシピにファン多数。著書に『12か月の食べ合わせ暦 漢方ごはん』(永岡書店)など。

揃えてほしい基本のスパイス5種

〈旨味&辛味スパイス〉
● ガラムマサラ
インドを代表するミックススパイスで、通常3 ~ 10 種類のスパイスがブレンドされている。カレー粉に比べて辛味スパイスが強く、スパイシーな風味づけに役立つ。

● カレー粉
通常20 ~ 30 種類のスパイスが使われているミックススパイス。ガラムマサラには入っていない、ターメリックなどの色付けスパイスが入っている。旨味や辛味のバランスを整えた万能スパイス。

〈香りスパイス〉
● パプリカ
パプリカはビタミンを多く含み、粘膜の保護、お肌の美白に効果的です。疲労回復の作用も期待できるので、夏バテにも。ほのかに甘い香りが特徴で、辛味がなく、カレー以外にも多用される。

● クミン
胃腸の働きを促して、消化を助ける作用が。肝臓の働きを助け、老廃物を外に出す力を助ける。さわやかな香りでストレス緩和にも。種子の粒を油で熱することで高貴な香りが引き出される。

● コリアンダー
弱った胃を強化し、むかつきや下痢・便秘などを緩和する整腸作用が。発汗を促し体をあたためる。パクチーでおなじみの刺激的な香りが特徴。


ハニー& スパイスのバターチキンカレー

材料(2人分)

鶏もも肉 … 1 枚 280g
玉ねぎ(薄切り) … 小1 個
オリーブ油 … 大さじ1
トマトホール缶 … 200g
水 … 1
カップバター … 大さじ1
クルミ(ロースト) … 適宜
(A)塩 … 小さじ1 、パプリカ … 小さじ1
(B)ヨーグルト … ½ カップ 、おろしにんにく … 小さじ1 、蜂蜜 … 大さじ1
(C)カレー粉 … 小さじ2 、クミン(ホール) … 小さじ½ 、鷹の爪(小口切り) … 1本分 

作り方

1. 鶏肉を食べやすい大きさに切って、ボウルに入れる。Aを加えて揉み込んでからBを加えて揉み、馴染ませる。

2. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。Cを入れて馴染ませる。

3. 1の鶏肉、潰したトマト、水を加えて、沸騰したら中弱火にし、フタをして15~20分煮込む。仕上げにバターを入れて溶かす。

4. 器にごはんを盛り、3をかける。好みでクルミを散らす。


パクチー&レモンのドライカレー

材料2人分)
レモン … 1 個
パクチー … 5 ~ 6 本
鶏挽き肉 … 220g
玉ねぎ小(粗みじん切り) … 1 個分
にんにく(みじん切り) … ひとかけ分
オリーブ油 … 大さじ1
塩 … 小さじ⅓
しょうゆ … 少々
(A)カレー粉 … 小さじ2、ガラムマサラ … 小さじ½ 、パプリカ … 小さじ½

作り方

1. レモンを半分に切る。半分は皮のまま角切りにし、塩と一緒にポリ袋に入れて揉んでおく。もう半分は果汁を絞っておく。

2. パクチーを刻み、茎は米と塩少々(分量外)を加えて炊き込み、葉は出来上がりに散らす。

3. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、にんにくと玉ねぎを炒める。挽き肉を加えてさらに炒めたら、Aを加えて馴染ませる。

4. 角切りレモンを加えて馴染ませ、果汁としょうゆで味をととのえる。

5. 器にごはんを盛り、カレーをかけてパクチーの葉を散らす。


合わせておいしい 生姜ジャスミンティー

ジャスミンティーとは、緑茶にジャスミンの花の香りを移したもの。
緑茶は体の余分な熱を取り頭をすっきりさせ、ジャスミンの香りは高いリラックス効果が期待できます。

〈作り方〉
1. 小鍋ややかんに、水2カップ、ジャスミン茶大さじ1、干し生姜3 ~ 4 枚を入れる。

2. 沸騰したら弱火にし、2 ~ 3 分煮出して完成。

干し生姜は体をじんわり温め、冷えすぎ防止になるので、空き瓶などに作り置いて、お茶の他、スープや料理用に保存すると便利。皮付きのまま天日で半日~ 1日ほどしっかり乾かして完成。


photograph: Wakana Baba styling: Mariko Nakazato

※大人のおしゃれ手帖2021年9月号をもとに再編集したものです。
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!