カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

5つのポイントを押さえるだけ!
部屋が片付く収納棚の使い方とは?

大人のおしゃれ手帖編集部

古堅純子さん【片付けのプロが教える】 今すぐ実践できる!5つの収納術

衣装や本、大切な好きなものが捨てられない…独立した子どもの物がそのままに…
家族の物がリビングにあふれている…捨てればすっきりするけれど、その取捨選択には時間がかかる。
そんな50代の嘆きに「物を捨てなくても片付けOK」という新しい発想で
これまで5000軒以上のお宅を片付けてきたお片付けのプロ、古堅純子さんがレスキュー!
その極意を教わります。

この方に教わりました
古堅純子さん
幸せ住空間セラピスト 。1998年から5000軒以上のお宅を訪問し掃除や片づけのサービスを重ね、古堅式メソッドを確立。現在YouTubeチャンネル「週末ビフォーアフター」はチャンネル登録者数19万人超。近著は『物に囲まれてすっきり暮らす 景色を変える片づけ』(大和書房)。

〈おすすめリンク〉
古堅純子さんHP SDMHP
古堅純子さん youtube
書籍「物に囲まれてすっきり暮らす~景色を変える片づけ」(大和書房)


使う物を「収納」、使わない物を「埋める」

使わないけれど捨てられず、とっておきたい物は家の中のデッドゾーンなど取り出しにくい奥に埋める作業を。
日常で使う物を入れる「収納」と「埋める」スペースを区分けすることが大切です。

1. よく使う物はゴールデンゾーンに

収納は本来、動く物(現在使っている物)を入れる場所です。
しかし、取り出しやすい一番いい場所(ゴールデンゾーン)に動かない物(使わない物)が入っていたり、不要な物や家具が邪魔になって扉が開かず、使いにくいという場合が。
そんな時は、いよいよ収納の中から物を全部出して「掘る」作業です。
空いた場所には、日頃よく使う物を取り出しやすく収納します。
掘り出した物で捨てられない物は、別の使い勝手の悪い場所に埋めればOK。

2. 思い出の服とスタメン服を一緒にしない

持っている衣類の量が多い大人世代。
クローゼットの中が今は着ていない思い出の服がびっしりで、スタメン服があちこちに置きっぱなし……ということも。
収納の原則は、思い出ではなく、今使うものを優先させること。
着ない服は取り出しにくい場所に「埋め」、シーズンオフの服はゴールデンゾーンではない場所に保管。
取り出しやすい場所に、今着るスタメン服を収納します。
昔ながらの重いタンスは、出し入れがしづらく“タンスの肥やし”を生み出しがちなので、管理に負担を感じる時は収納方法を見直しましょう。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!