カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【能登屋英里さんに聞く】
キッチンが整った印象に見える!6つのポイント

大人のおしゃれ手帖編集部、能登屋英里

【能登屋英里さんに聞く】 キッチンが整った印象に見える!6つのポイント

毎日必ず過ごす場所でもあるキッチンに着目。
整理収納アドバイザーの能登屋英里さんに聞いた、キッチン収納を素敵にまとめるポイントをご紹介。

教えてくれたのは・・・
ビジュアルコンサルタント・整理収納アドバイザー
能登屋英里さん
築約50年、52㎡のフルリノベーションしたマンションに夫と小学生の娘と3人暮らし。心地よさと機能性にこだわった暮らしを提案している。アパレルショップのディスプレイで培ったインテリア術と見せる収納術に定評がある。インスタグラムでは自宅や暮らしの様子も公開中。
Instagram:@eiriyyy_interior


「見せる収納」は壁面だけじゃなく空間も使って立体的なレイアウトを

52㎡の空間を、収納の利便性にこだわってリノベーションした能登屋英里さんのご自宅。
とくにキッチンはこの家を象徴する場所。

「基本的には『見せる収納』です。壁面だけじゃなく、空間も使って立体的な配置を考えることが、インテリア面と機能面を両立させるコツ。物を減らしてすっきりと整える方法もありますが、私は愛着のある道具に囲まれて過ごしたい」と能登屋さん。

人に見られることを前提にしているから、この空間に置いていいもの、悪いものを徹底的に見極めています。

「使わないものは買わない、ということは大前提ですが、まとまりのある印象にするなら、素材感と色に統一感を持たせること。うちの場合は、シリコンの道具の黒、調理器具のステンレスの銀、スポンジなど掃除用品の白と3色を基調にしています。テーブルやカウンターなどの家具類は床の色に合わせて選ぶとまとまって見えます」 

立体的に空間を見る視点は、動線を考えるうえでも重要。
「頻繁に動き回る場所だけに、自分の動線に合うよう思い立ったらすぐに家具の配置転換ができるようにしています。子どもの成長など、ライフステージの変化でも過ごしやすさって変わりますよね」
「『なんか好き』『とりあえず』の買い物も失敗のもと」との助言も。念頭に置きましょう。

壁際に配置した棚は、グレーのコンテナボックスで種別収納して、見た目にもすっきり。

防災食のストックなど普段出し入れが少ないものは、奥側のボックスで管理。

「ル・クルーゼ」のターコイズ・ブルーの鍋は、能登屋さんのキッチンのアイコン的な存在。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

この記事の監修者

ビジュアルコンサルタント、整理収納アドバイザー能登屋英里

ョップディスプレイを数多く担当してきた経験から、センスよく「見せる」整理収納に定評がある。著書に、『築50年52平米 物が多いのに片づいて見える家』(KADOKAWA)がある。新刊も待機中。

執筆記事一覧

Instagram:@eiriyyy_interior

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事