カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

優恵のおしゃれは心意気 Vol.5
「バルセロナより届いたピンク色のお話です」

優恵

この記事の画像一覧を見る(4枚)

冬の間から気になっていたÖLEND(オーレンド)のオナ・ソフト・バッグ。その色の多さは、まるで絵具の箱を開けた時のように、わたしをわくわくさせてくれました。サイトで写真をたくさん見て、動画もたくさん見て、ラップトップをすっと入れる動作のところがなぜだかとても気に入って「わたしもこのバッグにパソコンを入れて出掛けたい」という思いに駆られて、よくよく考えて「よし、買おう」と決めてからが楽しい時間でした。サイズを決めて、20色以上ある中から何色にしようかと悩んで、「オレンジも良いし赤も良い、グリーンも良いけど、やっぱりペールピンクが一番好きだな」とやっと注文に。
可愛い可愛いバッグは、わたしが訪れたことのない憧れの街バルセロナから届けられました。

「早く注文してしまいなさいよ」

ある日、ÖLENDのバッグを斜め掛けにしている方と電車の同じ車両に乗り合わせました。わたしはまだ購入前でしたので羨望の眼差しです。混雑した電車の中でも気になっている品は、ぱっと目に入ってくるものです。その日の出来事は「早く注文してしまいなさいよ」と耳元で囁(ささや)かれた気がしました。
日頃、パソコンを持ち歩く時にはマチの薄いバックパックを使うようにしています。重さの負担も分散されますし、何かにぶつける心配も少ないと考えて。オナ・ソフト・バッグはストラップを結び変えるとバックパックとして使えるので、その点も大いに魅力でした。
ピンク色を身に纏(まと)ってふわっとした心持ちになることを「ピンク色の魔法」と呼んでいます。ピンク色の可愛いものを見ていると「欲しい」と思ってしまうのも魔法なのです。

この記事のキーワード

この記事を書いた人(写真・文)

モデル、俳優優恵

今年はモデルデビュー40周年。本誌でもおなじみ、おしゃれと旅とおいしいものをこよなく愛する。『mc Sister』で人気を博し、俳優としても映画、舞台などで活躍。近年の出演作に『秘密のフレグランス』(2021)ほか。

執筆記事一覧

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事