カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

坂田阿希子さんの
きゅうりと炒り卵の水餃子

もちもちの皮がジューシーな具を包み込んで、ひとくち食べればジュワッとうまみが口の中いっぱいに広がって。包むタネは作る人の密かなこだわりが詰まったワンダーランド!
これぞ、という餃子レシピを料理家・坂田阿希子さんにうかがいました。

材料(40個分)

  • 豚ひき肉

    250g

  • 大さじ2

  • 万能ねぎ

    1/2袋

  • (A)ごま油、サラダ油

    各大さじ1

  • (A)しょうゆ

    大さじ2

  • (A)酒

    大さじ1/2

  • (A)塩

    小さじ1/2

  • きゅうり

    1本

  • 1個

  • 餃子の皮

    40枚

  • ごま油

    適量

  • サラダ油

    適量

●タレ
しょうゆ…大さじ4
酢…大さじ2
◆材料をすべて混ぜる。

作り方

  1. きゅうりはみじん切りにし、フライパンにごま油少々をひき、色鮮やかになるまでさっと炒めて取り出す。フライパンをさっとふき、サラダ油少々をひいて、卵を溶いて流し入れ、菜箸でほぐして炒り卵にする。

  2. タレの材料を合わせておく。

  3. ひき肉をボウルに入れ、水を加えてよく混ぜる。Aを加えて全体を混ぜ、さらに1、小口切りにした万能ねぎを加えてよく混ぜる。

  4. 餃子の皮の中央に3のタネをのせ、ふちを水で軽くぬらす。2つに折りたたんでしっかりと留め、さらに端と端を合わせて押さえ、帽子状にする。

  5. のりしろは、ちょっと広めに1cmほどとるのがポイント。はがれないように、きちんと押さえる。

  6. タネを包んだら上下を返し、くるっと丸めて、端同士を水でくっつける。これで帽子包みの完成。

  7. たっぷりと湯を沸かし、4を10個程度ずつゆでる。浮かんできて、20秒ほどしたら、引き上げて器に盛る。仕上げに合わせたタレを回しかける。

このレシピのキーワード

レシピ一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!