カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

センスを磨くアートなホテル&宿 10選!

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(3枚)

富山の“土徳”と民藝・工芸の調和を堪能できる
1日3組限定の「楽土庵」/富山県・砺波

富山の地を訪れた民藝運動の創始者・柳宗悦が、「ここには土徳がある」と表現したと言われています。「土徳」とは、厳しくも豊かな環境のなかで、恵みに感謝しながら人が自然とともに作りあげてきた、その土地が醸し出す品格のようなもの。その「土徳」のひとつの現れが、「楽土庵」が位置する「となみ野の散居村」の景色です。

ほかにもこの施設では、空間・工芸・アート作品から「土徳」を体感し、その土地の力を受け取り、癒やされる至極の時間を過ごせます。

敷地内にあるレストラン「イルクリマ」では、富山ならではの豊富な食材を使ったイタリア料理が味わえます。心身ともにリフレッシュするスモールラグジュアリーな宿泊体験をぜひ!

三方を水田に囲まれた「楽土庵」。近くの展望台では散居村の絶景を堪能できる。田植えの季節になると田んぼが水鏡のようになり、息を呑むような美しさ。

ラウンジに飾られているのは型絵染の人間国宝・故芹沢銈介による型染め屛風。ラフ・シモンズらクリエイターたちから人気に火がついた、建築家・ピエール・ジャンヌレのイスも、実際に座れるという贅沢な空間。

客室は「紙 shi」「絹 ken」「土do」と名付けられた3部屋のみ。随所に伝統工芸や現代アートの趣向が凝らされている。写真は「土」の部屋で、左官職人による土壁による落ち着く空間。

楽土庵
住所:富山県砺波市野村島645
http://www.rakudoan.jp/

建築とアートと自然にふれる一棟貸しの宿
「COMICO ART HOUSE YUFUIN」/大分県・湯布院

“アートと建築”をテーマにした「COMICO ART HOUSE YUFUIN」は、1棟貸しのプライベート宿所で、全2棟(1日1組限定)の簡易宿所。日本を代表する建築家・隈研吾氏が手がけた建築配置は、隣接する美術館と合わせて、建築とアートともに湯布院の豊かな自然も心ゆくまで堪能できるつくりです。宿泊棟は2階建ての「土」棟(定員4名)と平屋の「竹」棟(定員2名)があり、いずれも専用庭に加えて内湯と露天風呂を備え、弱アルカリ性の単純温泉も堪能できる贅沢さ。かつてより保養温泉地として親しまれた湯布院の温泉で、五感への刺激と癒しを一度に体験してみては。

©NHN JAPAN Corp.

現代アーティストである奈良美智氏の《Your Dog》は湯布院の美しい自然のなかに佇む。柔和な表情が印象深い。

©Yoshitomo Nara 2017

世界的なブランドとのコラボレーションでも知られる村上隆氏のカラフルでポップなお花をメインとした作品7点を鑑賞できます。

©︎Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

「土」の二階寝室は、窓を横長の大開口としコーナーの柱を細くすることで、由布岳から連なる山々の眺望をパノラマのように望めるつくり。

©NHN JAPAN Corp.

COMICO ART HOUSE YUFUIN
住所:大分県由布市湯布院町川上2995-1
https://camy.oita.jp/cahy

巡る季節とともに楽しむ館内アートが魅力
「界 津軽」/青森県・弘前

青森県・大鰐温泉に位置する瀟洒な温泉旅館「界 津軽」では、こぎん刺しなどの津軽の伝統文化が散りばめられています。大人なアート旅の入り口としてぴったりなこちらの宿泊施設では、伝統文化に加え、日本画の巨匠・加山又造や東山魁夷の絵画、そして美術品などが多数展示されています。ロビーや客室の調度品のひとつひとつにこだわった空間は、まるで小さな美術館のよう。

さらに開湯800年以上の歴史をもつ、無色透明のやわらかな大鰐温泉の湯を内風呂と露天風呂で満喫できます。青森・津軽に息づく文化と四季とともに味わうアートは、きっと格別な景色を見せてくれるはずです。

数々の絵画や美術品が配された空間のなかでも、とりわけエントランスを抜けると広がるロビーに飾られた日本画の巨匠・加山又造の「春秋波濤」は圧巻!

青森の伝統工芸「津軽こぎん刺し」の模様をシンメトリーに設え、洗練された和の印象の「津軽こぎんの間」。津軽の伝統文化に浸る宿泊体験を。

2022年11月に大浴場をリニューアルし誕生した「かまくら露天風呂」は、まるでかまくらのなかに入っているような気分で青森の自然と一体になって温泉を満喫できる。

界 津軽
住所:青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaitsugaru/

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事