カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

センスを磨くアートなホテル&宿 10選!

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(3枚)

非日常を楽しめる“宿泊型アート作品”
「ビーエヌエー ウォール」 / 東京都・日本橋

“宿泊型アート作品”として客室を提供している「ビーエヌエー」のなかでも、東京の日本橋に位置する「ビーエヌエー ウォール」は、23組のアーティストとアートディレクターが手掛けた全14種類・計26部屋を有しています。

作品のタイトルとアーティスト名が書かれた扉をあけると、そこには作品世界が。壁や家具、照明、什器に至るまで、部屋そのものがアートとなり、これまでにない宿泊体験となるはずです。さらに同ホテルの顔ともいえる巨大壁画、WALL。隔月で変わるアーティストの制作風景を1階のラウンジから眺めることができ、アートが生まれる瞬間にも立ち会え、まさに“芸術にまみれる”時間を堪能できます。

壁一面がボードゲームのオセロになっていて、ベッドの上にはバスケットボールのフープが設置されているエキサイティングなmagmaの「HARDCORE GAME ROOM」。

©Tomooki Kengaku

渡辺真子 a.k.a. Mako Principalが手がけた「SUSHI WARS」もまた、五感への刺激が止まらなそうな部屋。ディスコボールもあり、サイケデリック感がたまらない!(Photo:Kisa Toyoshima)

©Tomooki Kengaku

「ビーエヌエー」の顔ともいえる巨大壁画WALLでは、定期的にアーティストがその場で制作。制作風景を1階のラウンジから眺めることも可能!

BnA_WALL
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町1-1
https://bnawall.com/

現代アートの島に誕生した本格旅館
「直島旅館 ろ霞」/香川県・直島

数々のアート作品が集う直島。豊かな自然が織りなす瀬戸内らしい風景と、それと調和する多様な芸術を楽しむ場所として、国内外から多くのアート好きが訪れるこの島に、露天風呂を備えたスイート仕様の本格旅館「直島旅館 ろ霞」がオープンしました。

アートに恵まれた立地に加え、旅館内にも若手現代アーティストの作品が展示されている同施設。そのアートプロデューサーは、精力的にアートの情報を発信し続ける、京都芸術大学教授・後藤繁雄氏が担当されているそう。ギャラリーや美術館でアートをたっぷり楽しんだ後も、「アートと寄り添う」ディープな時間を堪能できる本格旅館です。

著名な彫刻家であり、クリエイター集団「サンドイッチ」を牽引する現代アーティストの名和晃平氏の作品《Ether#80》。庭園に佇む姿にグッときます。

バーの壁面を飾るのは、京都を拠点として活動し、若手ペインターとして注目を集める品川亮氏の《四季花鳥図》。

11室の客室は、全室客室露天風呂付きのスイート仕様。土佐和紙、庵治石など瀬戸内近隣の天然素材に彩られた現代的な和の空間でゆるりとくつろいで。

直島旅館 ろ霞
住所:香川県香川郡直島町1234
https://roka.voyage/

一度は体感したいランドアート「水庭」が魅力の「アートビオトープ那須」/栃木県・那須郡

清らかな自然に囲まれたなかで、ガラス制作体験をはじめ、様々なアートアクティビティを通して自分と向き合える場所「アートビオトープ那須」。とくにこの施設を代表する318本の木々と、160の池からなる、建築家・石上純也氏が手がけたランドアート《水庭》は人の手が生み出した不思議なランドスケープ。那須高原の澄んだ空気のなかで、思わず“建築”の意義に思いを馳せてしまうような、とっておきの時間を過ごせる場所です。

宿泊施設は「スイートヴィラ」と「レジデンス」の種類ですが、奥行3メートルの大きなテラスを持つ完全独立型の14棟15室の「スイートヴィラ」は、敷地の両脇を流れる美しい渓流を間近で楽しめます。

彫刻家・故掛井五郎の作品群も鑑賞できる。レジデンスエリアの中庭に佇むのは「アジアの女」。アンニュイな表情に思わず引き込まれてしまうはず。

「スイートヴィラ」には大きなテラスがあり渓流を間近で楽しめる「ツインルーム」と、ミストサウナと暖炉がついた「コネクティングツインルーム」の2種類が。「スイートヴィラ」は、建築家・坂 茂氏の設計でもあり、その造形や様式は一度は体験してみたい!

上段のベッドルームは格子状の窓から柔らかい光が降り注ぐナチュラルな雰囲気。京都の寝具メーカー「イワタ」のマットが心地よい眠りへと誘ってくれます。

アートビオトープ那須
住所:栃木県那須郡那須町高久乙道上2294-3
https://www.artbiotop.jp/

建築家・隈研吾氏がデザイン監修!五感が刺激される
「エースホテル京都」/京都府・中京

大正時代に建てられた旧京都中央電話局の意匠を生かしながら造られた複合施設の新風館内にある「エースホテル京都」は、建物のデザインは有名建築家・隈研吾氏がデザインを監修しています。さらに染色工芸家・柚木沙弥郎氏の作品をはじめ、新風館とエースホテル京都の空間に挟まれた空中庭園のなかにあるアーティスト・名和晃平氏のオブジェなど、アート作品も至るところに。

世界中のアーティストを各地のエースホテルに招き、1か月間作品制作のスタジオとしてホテルの一室を提供、その作品をホテルに展示し、一般公開するアーティスト支援プログラム「アーティスト・イン・レジデンス」など、新しいアートの普及にも積極的な同ホテル。アートの素晴らしさや意義を堪能できる旅になるはず!

テラスを備えたツインベッドルーム。ここでも柚木氏のアートピースを心ゆくまで鑑賞できる。

ヒストリックツインルームでは、柚木氏のアートに加え、イサム・ノグチの和紙フロアランプも。”アートと暮らす”疑似体験を堪能してみては。

エーススイートは、リビング中央に置かれたエドワード・フィールズのラグ、天井から吊り下げたイサム・ノグチの球体の照明など、デザイン性に優れた美しい空間に。柚木氏のオリジナルアートも健在です。

エースホテル京都
住所:京都府京都市中京区車屋町245-2 新風館内
https://jp.acehotel.com/kyoto/

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事