カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 8月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年8月号

2024年7月5日(金)発売
特別価格:1420円(税込)
表紙の人:永作博美さん

2024年8月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

うまい 料理しか作れなくなる⁉
魔法の「料理酒オイル」で作るおうちでガチ中華!

大人のおしゃれ手帖編集部

料理酒オイルなら
しっとりパラパラ炒飯も家で作れる!

そして町中華の名店でしか味わえない、パラパラでありながらしっとり食感の炒飯も、料理酒オイルを使えば誰でも簡単に、テクニック要らずで作れるそう。

「お店で観察していると中華の料理人さんは、五徳から離さずにゆすったりはしますが、鍋の中の素材をあんまりいじってないんですよ。炒飯も、そして野菜炒めも、素材を痛めないようにお玉の背中で具材を押しながら踊らせているだけ。料理酒オイルでちょうどよい料理酒と油を加えたら、天地を返したり、ほぐすぐらいであまりガチャガチャいじらない。この2つさえ守れば、名店の食感が叶うんです。

この炒飯も、料理酒オイルの真骨頂が発揮されているメニューのうちのひとつなので、ほんまに試してほしいですね」

鍋をあおれなくてもできる! 最強炒飯

〔材料〕2人分
ご飯……お茶碗大盛り2杯分(400 g)
卵……2個
冷凍むきえび……10尾
(料理酒オイルを使って下処理をしておく。POINT1参照)
チャーシュー(ロースハムでも可)……50g
なると(かまぼこでも可)……薄切り4枚(30g)
ねぎ……10㎝
サラダ油、料理酒オイル……各大さじ1
塩……少々

〔A〕
醤油、鶏がらスープの素(顆粒)、ごま油
……各小さじ1
こしょう……少々

〔作り方〕
❶器に卵を割って塩を加え、さっと白身を切りすぎないように混ぜる。ねぎはみじん切り、チャーシューとなるとは5㎜角に切る。下処理したえびは、電子レンジで1分加熱する。

❷フライパンにサラダ油をひき、強火にしたら溶き卵を入れ、半熟になったら温かいご飯を加え、ヘラなどで軽くほぐしたら、料理湯オイルを回しかける。さらにほぐしながら全体を混ぜ合わせる。

❸えびとチャーシューとなるとを加えてひと混ぜし、鍋肌からAを入れ、ねぎを加えて混ぜ合わせる。塩(分量外)で味を調える。

POINT1

冷凍えびは、50℃ぐらいのお湯で洗って水気をふきとり、料理酒オイル大さじ2(分量外)をかけてなじませておく。©松園多聞

POINT2

料理酒オイルを入れたら、ヘラかお玉で軽く押さえるようにしてご飯をほぐす。
©松園多聞

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事