カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【著者インタビュー】高瀬隼子さん
「むかつきながら書いた」という着想の経緯、
兼業作家としての日々とは?

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(3枚)

誰もが持ち得る小さな怒りや違和感に焦点を当てた、高瀬隼子さんの新刊『いい子のあくび』。
「むかつきながら書いた」という着想の経緯、兼業作家としての日々について伺いました。

「毎日3行でも書く」を兼業作家としてのルールに

日常の中で、いつの間にか溜まっていた小さな怒りやモヤモヤ。
そうした感情をすくい取り、「自分の心の奥にも同じような気持ちがあるのかもしれない」と思わせるのが、高瀬隼子さんの新刊『いい子のあくび』です。

主人公は、気が利いて愛想が良く、上司や恋人からも〝いい子〟と評価されている直子。
実は内心で「割に合わない」とフラストレーションを抱いている直子は、ある日〝ながらスマホ〟をしている高校生に、わざとぶつかってやろうと決意します。

「着想のもとは、私自身が感じている”むかつき”。自分に起きた出来事だけでなく、友人の話やニュースを聞いて、『毎日むかつくことが多いな…』と思っているなかで、歩きスマホという題材が出てきました」

本作を執筆したのは、2019年の『犬のかたちをしているもの』で小説家デビューを果たした後。
子どもの頃からの夢を叶えたものの、「自分は1作だけで消えてしまうんじゃないか」と追い詰められていたそう。

「デビュー作は奇跡的に拾ってもらえたけど、もう二度と文芸誌には書けないだろうと思っていたんです。1行でもなにか書かなきゃ…という気持ちでひねり出したのがこの作品でした」昨年は、『おいしいごはんが食べられますように』で第167回芥川賞を受賞。
その後も兼業作家として、日中は会社に勤め、夜と週末に執筆する…という生活を送っています。

「毎日3行でもいいから必ず書こうと決めています。昨日の夜も執筆中の小説に取りかかろうとWordを開いたのですが、ついYouTubeを見ちゃって(笑)。
気がついたら遅い時間で、明日も仕事だし早く寝なきゃ! とパソコンを閉じました。でも私はすごく出不精なので、会社を辞めたら平気で1週間くらい家にこもってしまって、小説も書けなくなる気がするんですよね」

今のところは兼業作家を続けるつもり、という高瀬さん。
年齢を重ねた先に、書いていきたいテーマはあるのでしょうか。

「私は9歳の頃から小説を書いてきましたが、高校生、大学生、30代…とその都度書くものが変わってきたし、10代で書いていたような作品はもう書けない。40、50代になれば、また見えるもの、考えることも変わるはずなので、それを見逃さずに書いていきたいと思っています」

『いい子のあくび』 高瀬隼子 ¥1,760(集英社)

『いい子のあくび』
高瀬隼子
¥1,760(集英社)

歩きスマホの人を自分ばかりがよけるのは「割に合わない」と考える主人公、結婚式への違和感を拭えず、友人の式に出席できない女性…など、小さな違和感を丁寧に描いた3話を収録。タイトルの『いい子のあくび』は、100案ほど出した中から選んだものだそう。

編集部のおすすめ

大人の「学び」についてあらためて考えるヒントに

大人の「学び」についてあらためて考えるヒントに 『熟達論 人はいつまでも学び、成長できる』 著/為末 大 ¥1,980(新潮社)

『熟達論 人はいつまでも学び、成長できる』
著/為末 大
¥1,980(新潮社)

“走る哲学者”と呼ばれる為末氏がトップアスリートとしての経験と思索を通じて得た「熟達のプロセス」を指南。スポーツのみならず、優れた技術を持つ人は成長の過程でジャンルを超えた共通点があり、それを5つの段階に分けて解説します。大人の学び直しに注目が集まる今、学ぶ目的や意味について考えるきっかけとなりそうです。

戦中・戦後の日本を舞台に力強く生きる家族を描く

戦中・戦後の日本を舞台に力強く生きる家族を描く 『かたばみ』 著/木内 昇 ¥2,585(KADOKAWA)

『かたばみ』
著/木内 昇
¥2,585(KADOKAWA)

舞台は第二次世界大戦中から高度経済成長期にかけての日本。やり投げ選手を経て国民学校の代用教員となった主人公の山岡悌子とその家族を中心に、時代に翻弄されながらも力強く生きる人々を描いた一冊。どんな環境下でも自分らしい生き方を見つけようともがく姿に、ある種の閉塞感が漂う現代を生きる私たちも勇気をもらえるはず。

この記事の画像一覧

  • 『いい子のあくび』 高瀬隼子 ¥1,760(集英社)
  • 大人の「学び」についてあらためて考えるヒントに 『熟達論 人はいつまでも学び、成長できる』 著/為末 大 ¥1,980(新潮社)
  • 戦中・戦後の日本を舞台に力強く生きる家族を描く 『かたばみ』 著/木内 昇 ¥2,585(KADOKAWA)

この記事の画像一覧を見る(3枚)

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事