カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.09

22

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

冷凍の「トマト」を使った ”らくうま”レシピ!

冷凍は〝ズボラ〟でいい。おいしさは解凍と味付けにあり

「冷凍」というと、「味が落ちるのでは?」「切ったり、下味をつけるのが面倒」と思う人もいるかもしれません。

でも大庭さんの冷凍術は一味違います。
「一言でいえば〝ずぼら〟。買ってきた袋ごと冷凍庫に入れるときもあります」。
すぐに使わない食材は「新鮮でおいしいうちに迷わず冷凍」が賢い選択。

その代わり、味付けや解凍法にこだわりがあります。
「野菜などは冷凍のまま調理したほうが食感がいい。味付けもしっかり目がおすすめです」。

 調理に手間がかかるものは、おいしいのはわかっていてもその都度作るのは面倒。
そんな時はまとめて多めに作って「半調理冷凍」。

また、冷凍したほうがおいしい食材もあります。
料理研究家歴30 年以上の大庭さん直伝の、らくちんなのにワンランク上の味が出せる冷凍&調理術をご紹介します。

教えてくれたのは・・・
料理研究家
大庭英子さん

「家庭料理なのに洗練された味!」「なぜこんなにおいしいの?」と、多くの編集者やスタッフを魅了する大庭さんの料理。再現性の高い正確なレシピも評判。
『使えるものだけ! おいしいものだけ! ラクラク冷凍レシピ』(講談社)など著書多数。

まずこれを用意!
冷凍食材「トマト」

〈POINT〉煮込み料理に最適!皮ごとそのまま冷凍を
● 冷凍すると水分が膨張して繊維が崩れ、煮込み料理に最適。
●ジッパー付きの保存袋で冷凍を。
● 時間のないときは、買ってきた袋のままでもOK。

丸ごと冷凍したカチコチのトマトも、室温で15分もおけば切れるように。


冷凍のトマトを活用!
「トマトドライカレー」

材料[ 2~3人分 ]
冷凍トマト … 3 個
合いびき肉 … 200 g
(A)玉ねぎ(みじん切り) … 1 個
(A)にんにく(みじん切り) … 1 かけ
(A)おろししょうが … 小さじ1
油 … 大さじ1
カレー粉 … 大さじ3
カイエンペッパー … 小さじ1/4
塩 … 小さじ2/3~1
温かいご飯 … 適量
半熟ゆで卵 … 適宜

〈作り方〉

冷凍庫から出して少しおいた冷凍トマトを縦半分に切り、へたを切り取り、横半分縦3 等分ぐらいに切る。

❷ フライパンに油を熱してAを入れ、しんなりして少し色づくまで炒める。ひき肉を加えて中火でほぐすようにして炒め、肉の色が変わったら、カレー粉を加えてさらに炒める。トマトを加えて混ぜ、煮立ってきたら塩とカイエンペッパーで調味し、ふたをして20 分ほど煮込む。最後に火を強めて汁気を飛ばす。

❸ 器にご飯を盛り、カレーをかけ、半熟卵を添える。


photograph: Akiko Arai styling: Mariko Nakazato

大人のおしゃれ手帖2022年9月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!