カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 8月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年8月号

2024年7月5日(金)発売
特別価格:1420円(税込)
表紙の人:永作博美さん

2024年8月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【ポリ袋レシピ】普段から食べられる“おいしい防災食”

大人のおしゃれ手帖編集部

水道・ガス・電気…ライフラインが使えない災害時の調理法

災害時は水もガスも電気も、すべてが貴重。食器などを洗う水も限られています。最小限の水やガスで調理する方法を2つ紹介します。

使う道具

【 ポリ袋 】 

お湯ポチャに使う場合は「高密度ポリエチレン」と書かれた半透明タイプを。高密度でなければ二重にして。透明のポリ袋は熱に弱く、破れてしまうことも。

【 ガスコンロ 】 

ボンベ式のガスコンロは大活躍。災害時、ガスは1日1本くらい使うと考えて備蓄を。

❶即食

災害発生から3日目までの、すべてのライフラインが止まっているときにおすすめの調理法。
ポリ袋に具と調味料を入れ、味がなじむように混ぜれば完成!


❷お湯ポチャ
災害時、温かいものを食べるとホッとするもの。お米の炊き方を例に、やり方をマスターして。

①材料を袋に入れて縛る

無洗米1合と水200㎖をポリ袋に入れ、袋が水に浮かないように、空気を抜きながらねじり上げ、袋の上のほうを結ぶ。

②袋を鍋に入れ、火にかける

鍋の約⅓まで水を入れる。鍋底に袋がつくと破けることがあるため、皿を敷き❶を入れる。ふたをして火にかけ、沸騰したら中火で20分間加熱。火を止めてふたをしたまま10分間蒸らす。※一緒に味噌汁やオムレツなどの袋を入れると、1食分が同時に料理できる。

③できあがり!

災害時は、結び目を切ってそのまま皿にかぶせれば、皿洗いが不要。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!