カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 10月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2022年10月号

2022年9月7日(水)発売
特別価格:1120円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2022年10月号

閉じる

2022.07

05

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

だから、応援したい人 磯村勇斗さん

作品を作品を重ねるたびに輝きを増し、今後の活躍に目が離せない俳優、磯村勇斗さん。
幅広い役柄を難なく演じわけ、着実にステップアップしている印象ですが、ご本人はいたって冷静、そして謙虚。新作映画『PLAN 75』でも難役に挑戦しています。

ようやく、俳優としてのスタートラインに立てた

舞台は近未来の日本。超高齢化社会に対応すべく、75歳以上の高齢者が自らの生死を選択し、それを国が支援する制度「プラン
75」が施行される。

当初は物議を醸していたこの制度も、次第に世間は受け入れモードに。高齢者の間でも、死を受け入れて社会に貢献すべきという風潮が広がっていく――。
 

架空の制度を題材に、懸命に生きる人々の姿を描いた映画『PLAN 75』。磯村勇斗さんは市役所の「プラン75」の申請窓口で働く岡部ヒロムを演じている。年齢で命の線引きが行われるという衝撃的なテーマだが、脚本を読んですぐ「ぜひ参加したい」と感じたと話す。

「現代の高齢化社会に対して日本がどう立ち向かうのか、個人的にも関心を持っていたタイミングでしたし、ディストピア的なテーマにも惹かれました。不穏な空気の漂う台本でしたが、恐ろしさだけではなく、希望も感じさせる作品になったと思います」

演じるヒロムは「プラン75」を推進していく役割を担いながらも、内心では疑問を感じているという役どころ。
表の顔と裏の心情をどう表現するか悩みつつも、それをわかりやすく演技で見せることはしなかった。

「早川(千絵)監督は、登場人物の心情をちょっとした目の動きや、背景に映っているものや色で伝えるのがとても得意な方。わかりやすく見せるのではなく、余分なものを省いていく作り方をするんです。だから、あまり僕たち俳優のほうで作りすぎるのではなく、監督に身を任せる形で演じました」


物語の中心となる、78歳の角谷ミチを演じるのは倍賞千恵子さん。共演シーンでは、倍賞さんの目の演技が印象的だったという。

「目の奥の力強さといいますか、それが今回の役とリンクしていた気がします。ミチが生活しているシーンでは、倍賞さんが身ひとつでこの作品にぶつかっているのが感じられて。本当に、ごく普通の70代の女性なんですよね。だからこそ、見ていて心が苦しくなる部分もある。だけどチャーミングな部分もあって……。すごく素敵な女優さんだな、とあらためて思いました」
 


近年、立て続けに話題作へ出演し、今春には第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。夏には初主演映画が公開されるなど、めざましい活躍を見せる磯村さん。

「俳優として、1作1作やってきて、ようやく今、スタートラインにいるような気持ち。映画界に貢献できるよう、俳優としての責任を持って、身を投じていきたいなと思いますね。作品が重なったときは、台本覚えていかなかったらどうなるんだろう? と考えることもありますよ(笑)。でも、そういうラクはしたくない。人間、どうしたって限界があるけど、気持ちの上では100%の力でやりたい。僕はスタッフさんと、演じることが好きな俳優さんが集まった場が好きなんです。それが一番のモチベーションになっています」


映画『PLAN 75』

脚本・監督:早川千絵
出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、
ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美

夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、78歳の角谷ミチ(倍賞千恵子)は、高齢を理由にホテルの清掃の仕事を突然解雇され、「プラン75」の申請を検討し始める。一方、市役所の「プラン75」の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)と、死を選んだお年寄りをサポートするスタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱くが……。6月17日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開


HAYATO ISOMURA
1992年生まれ、静岡県出身。2017年、連続テレビ小説「ひよっこ」で注目を集める。2022年、映画『ヤクザと家族The Family』『劇場版 きのう何食べた?』で第45回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。近作に映画『東京リベンジャーズ』『前科者』など。現在、ドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』に出演中。7月8日に初主演映画『ビリーバーズ』が公開。その他の公開待機作に『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』などがある。

撮影/藤原 純 スタイリング/齋藤良介 ヘア&メイク/佐藤友勝 文/工藤花衣 編集/鈴木香里


大人のおしゃれ手帖2022年7月号より抜粋
※この記事の内容及び、掲載商品の情報・価格などは2022年6月時点の情報です。
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事