カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【疲労回復レシピ】
山田奈美さんの 「坦々うどん」

大人のおしゃれ手帖編集部

【疲労回復レシピ】山田奈美さんの 「坦々うどん」

この記事の画像一覧を見る(2枚)

年齢による体の変化や昨今の猛暑により、体調がいまひとつ……という人も多いのでは?
いつも健やかなあの人に、疲れた体を整えるために取り入れている、とっておきのレシピを教わりました。

教えてくれたのは・・・
山田奈美さん

薬膳・発酵料理家。「食べごと研究所」主宰。神奈川県・葉山町のアトリエ「古家1681」で薬膳料理や発酵食のワークショップを開催。インスタグラム @nami_yamada.tabegoto


代謝を上げて夏に不足しがちな「気」を補います

薬膳の考えを日々の食事にも取り入れている山田奈美さん。
「もともと冷えやすく、肩や首が凝りやすい体質」という山田さんが心がけているのが、代謝を上げ、血の巡りを促す食事。

「朝は紅花を入れた白湯を飲み、暑い日も冷たいものはとらないようにしています。子どものリクエストで冷たい麺にするときも、しそやねぎなどの薬味をたっぷり入れて、調整しています」

夏バテを防ぐためには、「気を補う食材」をとることも大切。

「汗で気やミネラルが流れ出ると、夏バテしやすくなります。疲れたらお肉やごま、しいたけなど気を補う食材で、不調を長引かせないようにしています」
そうした食材を一皿でとれるのが、辛みのある肉味噌をたっぷりのせた、この「担々うどん」。

「体がむくんだり、頭がだるいときは、発汗作用のある唐辛子をとるとスッキリします。好みで、胃腸の働きを整える卵を入れるのもよいでしょう」

小腹が減ったときは、台湾のお茶請けとして知られる「茶梅」をおやつ代わりに。
「茶葉には疲れや睡眠不足によるイライラを鎮めて、気持ちを安定させる効果も。はちみつやお茶の種類によって味が変わるので、好みの組み合わせを探すのも楽しいですよ」

担々うどん

【疲労回復レシピ】山田奈美さんの 「坦々うどん」まろやかな辛味で体スッキリ中華麺もおすすめ

材料[ 2人分 ]

豚肩ロース …… 100g
きゅうり …… 1/2本
しそ …… 3〜4枚
ねぎ …… 5cm程度
にんにく …… 1片
しょうが …… 1/3片
しいたけだし …… 150ml
豆板醬 …… 小さじ1/2
しょうゆ …… 小さじ2
みりん …… 小さじ2
ごま油 …… 少々
豆乳 …… 150ml
ねりごま …… 大さじ1と1/2
うどん …… 100g

〔A〕
酒 …… 大さじ1
味噌 …… 大さじ1/2
しょうゆ …… 大さじ2
みりん …… 大さじ2と1/2
塩 …… ひとつまみ
にんにくすりおろし …… 1かけ分
炒りごま …… 適量
ラー油 …… 適量

【下準備】
豚肩ロースは粗みじんに叩いておく。きゅうり、しそはせん切りに、ねぎは小口切りにする。にんにく、しょうがはみじん切りにする。だしを取った後のしいたけをせん切りにする。

作り方

1

中華鍋を中火にかけ、ごま油を入れて豚肉、にんにく、しょうがを炒める。
肉の色が変わったら豆板醬、しょうゆ、みりんを加え、汁気がなくなるまで炒めて取り出しておく。

2

1の鍋にしいたけだしとしいたけを入れ、Aを加えて中火にかける。
沸いたら弱火にして豆乳を加え、沸騰しないように気をつけながら温める。

3

ねりごまを溶かし入れたら、すぐに火を止める(溶けにくい場合は2の煮汁を取って溶いておく)。

4

スープを作っている間にうどんをゆでて水気をしっかり切り、器に盛って3のスープをかける。
1の肉味噌、きゅうり、しそ、ねぎをのせ、炒りごまをふってラー油をまわしかける。

+ Recipe
「台湾茶梅」

「台湾茶梅」 塩漬けの梅をさらにはちみつと茶葉で漬けた「茶梅」を休憩時のおやつに。 「約1か月で食べられますが、私は半年以上漬けた方が好み。」塩漬けの梅をさらにはちみつと茶葉で漬けた「茶梅」を休憩時のおやつに。
「約1か月で食べられますが、私は半年以上漬けた方が好み。」

「白湯で割って、果肉を崩しながら飲んでもおいしいですよ」

〔作り方〕
黄梅1kg、塩 70gで3〜4日塩漬けした後、上がってきた梅の水分(梅酢)を切って(梅酢は捨てずに利用を)、梅、はちみつ(梅の50%)、烏龍茶葉(梅の5%)を交互に重ねて漬ける。
1か月ぐらいから食べられます。


撮影/砂原 文 文/工藤花衣

大人のおしゃれ手帖2023年9月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事の画像一覧

  • 【疲労回復レシピ】山田奈美さんの 「坦々うどん」
  • 「台湾茶梅」 塩漬けの梅をさらにはちみつと茶葉で漬けた「茶梅」を休憩時のおやつに。 「約1か月で食べられますが、私は半年以上漬けた方が好み。」

この記事の画像一覧を見る(2枚)

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事