カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 7月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年7月号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1390円(税込)
表紙の人:鈴木保奈美さん

2024年7月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

更年期世代のQOLを上げる“デリケートゾーンケア”基本のキ

大人のおしゃれ手帖編集部

人に聞くのは恥ずかしいフェムゾーンのかゆみやにおいなどの悩み。解消するために必要なのは、ズバリ自分の目で見て触って確認することなんです!

教えてくれたのは・・・
産婦人科医
吉形玲美先生
浜松町ハマサイトクリニックにて診察のほか、予防医療研究にも従事。
尿トラブルを含むフェムケアなど、女性のホルモンマネージメントを得意とする。
著書に『40代から始めよう! 閉経マネジメント』(講談社)など。


自分で行えるフェムゾーンのケアとは?

人に聞くのは恥ずかしいけれど、フェムゾーンのかゆみやにおいなどの悩みは多いもの。

「更年期のあるあるです。これらの症状も、女性ホルモン・エストロゲンが加齢により低下し、腟内フローラの乱れによるものと考えられます。
 
改善するには、日々行う腟のケアがカギに。とはいえ、自分の目でフェムゾーンをしっかり見たことがある、日々触って構造をチェックしているという人はあまり多くないと思います。フェムゾーンの変化に気づくためにも、自分で見て触って、ケアすることが大切です。
 
実は、お風呂でしっかり洗っているという認識の人に多いのがボディソープ使い。においが気になるからとボディソープを使ってゴシゴシこすったりすると、雑菌の繁殖や炎症の原因になり、かえって症状を悪化させることにも。フェムゾーンはとてもデリケートな部分なので、専用の洗浄料を使い、目で見てチェックしながら指の腹でやさしく洗いましょう。その後は、専用アイテムでしっかり保湿を。乾燥しているとトラブルを招きやすくなるのは、顔の肌もフェムゾーンも一緒です!」

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事