カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【更年期世代のホンネ】リアルな悩みと知っておきたいこととは?

大人のおしゃれ手帖編集部

〈更年期リアル世代と先輩による50代せきらら座談会〉

更年期のトラブルからフェムケアのことまで、実際に体験したからこそありのままに話せる更年期の始まりから終わりまでを語っていただきました。

【 参加者データ 】
・M.Nさん(50歳)
・T.Nさん(54歳)
・O.Rさん(56歳)
・K.Kさん(58歳)


見たこともない汗が大量に噴き出してくる

Oさん 私は3年くらい前に生理が終わり、更年期の後半戦。ついにきたか? と思ったのは40代半ばで、急に噴き出るような汗をかくようになったことでした。

Tさん 私も! 汗をかくタイプではなかったのですが、ここ3年くらい汗の量がすごくて。季節を問わず、顔、脇、首筋から大量の汗をかいてしまい、周囲を驚かせてしまうこともあります。

Kさん みなさん病院など行かれなかったのですね? 私は53歳くらいのとき、朝起きられなくなったり、自分を責めるような気持ちが出てきて。ちょうど〝おひとりさま〟を決断した時期でもあるので、確かに気持ちは不安定だったのかもしれませんが、年齢的にも更年期かなと思い産婦人科を受診したら、微量のホルモン薬と、週1回プラセンタ注射を打つことに。ホルモン値を調べてみたら、枯渇状態ということもしっかりわかりました(笑)。

Mさん 精神面ではどうですか? 私は自分の気分の落ち込みと愛犬の死が重なり、一度どん底に。その状態からは脱しましたが、それ以降、家族には「私は更年期だから」と宣言しています。こちらが何かを言っても、夫が冷静に対処してくれるので、今のところ喧嘩にならずに済んでいます。

言いたいことをぶつけるのもたまには悪くない

Oさん いいですね。夫には口うるさく言わずに過ごしてきたけれど、更年期になってから我慢できなくなり、ワーッとぶつけることが急増しました。夫も熱くなるのでお互いヒートアップ。その後は自然と元に戻るので、たまには言いたいことをぶちまけるのも悪くないのかな、と思ってきました。

Tさん 私は、「疲れた」という言葉を発しないようにしました。「疲れる」というのはまだまだ動ける証拠だと思って。自分でそう決めたら、ずいぶん楽になりました。一同 おー、とても前向き。

Mさん 症状と向き合いながら、自分自身とも向き合わなきゃですね。自分が変わらないと、薬だって効かない気がしますね。

フェムケアの効果で肌ツヤがアップ!

Kさん 実は以前、便もれをする時期が続いて。調べてみたら、自分の女性性を無視していたせいで子宮が下がり、大腸が圧迫されていたから。それからフェムテックの知識をつけ、I、Oゾーンのオイルマッサージを始めたら、便もれがなくなっただけでなく、肌のツヤが格段に良くなったんです。

Tさん 悩みが解消するだけでなく、肌のツヤも良くなるなんてすごくないですか? それよりも私、フェムテックという言葉を初めて聞きました。いろいろ驚くことばかり。

自分で触ることは悪いことではない

Oさん 私も2年ほど前にフェムテック、フェムケアを知り、今も実践してます。デリケートゾーン専用ソープで洗って保湿もして。年齢を重ねてきたからか性交痛があり、ずっと行為を避けていました。保湿ケアをするようになってから潤いは戻っている気がします。

Tさん デリケートゾーン専用のコスメがあるのも知らなった! 自分のことだし、情報収集&更新することって大事なのだと、改めて痛感します。

Oさん 最初は自分のデリケートゾーンをしっかり触るのに抵抗がありましたが、今ではケアしないことのほうが心配で。自分で触ることは、決して悪いことではないですしね。

Kさん 私は次に出会う人とまたできるかしら? と思ったり。たまにはセルフプレジャーしたくなるときもあります。そんなとき、私は今、色気が欲しいんだなと。

Mさん 私は更年期の初期だと思うのですが、生理がなくなったら「女」は終わりではないんですね? なんだか、歳を重ねることが怖くなくなってきたかも。未来は明るいですね!

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事