カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【引田かおりさん】
〝食・住・衣〟が自分の優先順位。
機嫌よく暮らすための見直しを

大人のおしゃれ手帖編集部

【引田かおりさん】 〝食・住・衣〟が自分の優先順位。 機嫌よく暮らすための見直しを

この記事の画像一覧を見る(9枚)

快適に暮らすため、手間をかけるところと省くところは、年々変化していくもの。
おしゃれを楽しみ、素敵に暮らす方々に「身軽さ」を手にする方法を教わります。

今回話を伺ったのは・・・
ギャラリー&パン屋オーナー
引田かおりさん
2003年に「ギャラリーフェブ」、パン屋「ダンディゾン」を夫婦でオープン。現在は、ギャラリー近くに娘家族と二世帯で暮らす。著書も多く、最新刊は『たぶん だいじょうぶ』(大和書房)。


家事の重点を変えて心身の元気を保つ

20年前から夫婦ふたりでギャラリーとパン屋を営む引田かおりさん。
常に軽やかな暮らし方を模索し、今は限りなくシンプルになっている、といいます。

「例えば、アイロンがけが必要な服の洗濯はやめ、クリーニングに一任。中身(着る人)がヨレっとしてくるから、ピシッとしたものを着たいじゃないですか(笑)。年末の大掃除や日々の整理整頓を頑張ることもやめました。体調を崩したら本末転倒ですから」

暮らしのなかで、年々やめることが増えるなか、あえて手間をかけるようになったのがお料理。

「私の場合、食→住→衣の順で大事なので、ごはんを作りたくないなと思う日は、疲れがたまっているシグナルです。かといって、出来合いのものはなるべく食べたくないし、味に差がつくので、出汁だけはしっかり取るようになりました。おいしい出汁があれば、みそ汁も煮物も手間をかけずに作れ、体も整います」

料理

外食をやめ、家ご飯に。出汁から取るとやっぱりおいしい

外食をやめ、家ご飯に。出汁から取るとやっぱりおいしい

「料理はシンプルに、その分、出汁を取るように。容器に昆布と干し椎茸、水を入れて冷蔵庫で一晩おけば、翌日、おいしい出汁が取れます」。

みそ汁や煮物がパパっとでき、素材の味が活きるやさしい味わいに。

手間をかけなくなったのはカレー。 「このペーストをみつけてから、このほうが簡単でおいしい!と」。

手間をかけなくなったのはカレー。
「このペーストをみつけてから、このほうが簡単でおいしい!と」。
2 倍の水で薄めて15 分煮詰めれば完成。

収納

好きなもの、使ってみたいものは我慢しないで買うことに!

ほしい気持ちを大事にし、いい器に出合ったら我慢せずに購入。
食器棚がぎゅうぎゅうになったら整理のタイミング。

「ひとりでは大変なので、夫の力を借りて全部出し、棚板の拭き掃除がてら季節によって入れ替えています」

好きなもの、使ってみたいものは我慢しないで買うことに!食器類の整理は年に2回。
「夫も家事をするので、残す器を“協議”し、重たい器、使っていない皿などをスタッフや友人に譲っています」

孫のおもちゃも“インテリア”と割り切る

以前は、孫が散らかしても、孫が帰るとすぐに原状回復していたという引田家。
「最近は“ま、いっか”の精神で頑張って片付けるのをやめました。レゴ教室に通う孫の先週末の作品も、よくできているので壊さずに飾っています」

孫のおもちゃも“インテリア”と割り切る

洗濯

ピシッときれいに着たいものはすべてクリーニングへ

ピシッときれいに着たいものはすべてクリーニングへ

アイロンがけが必要なものは、長年お付き合いのある家族経営のクリーニング店にお任せ。
「週2で配達にきてくれて、新品みたいな仕上がりに。自分では、こんなにきれいにアイロンがけできませんから」

自分メンテ

マシンを充実させちょこちょこ家トレを

マシンを充実させちょこちょこ家トレを

ジム通いは億劫で続かないと自宅を“ジム化”。
無理なく楽しく使えるよう、キッチン横や通路に「レッグマジック」(写真左)などさまざまなマシンを配置。
「気が向いたときに運動するのが私には向いているみたい。ちょこちょことマシンを使っています」

振動マシンはダイニングの横に。

振動マシンはダイニングの横に。
「1日1 回は乗っています。揺さぶられると、巡りがよくなりコリもほぐれます」

化粧水の重ねづけが面倒になり、今は「ルルルン」のフェイスマスクを愛用中。

化粧水の重ねづけが面倒になり、今は「ルルルン」のフェイスマスクを愛用中。
肌の状態に合わせて選び、朝晩3分間計って使用。


撮影/砂原 文 文/坂口みずき

大人のおしゃれ手帖2024年1月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事の画像一覧

  • 【引田かおりさん】 〝食・住・衣〟が自分の優先順位。 機嫌よく暮らすための見直しを
  • 外食をやめ、家ご飯に。出汁から取るとやっぱりおいしい
  • 手間をかけなくなったのはカレー。 「このペーストをみつけてから、このほうが簡単でおいしい!と」。
  • 好きなもの、使ってみたいものは我慢しないで買うことに!
  • 孫のおもちゃも“インテリア”と割り切る
  • ピシッときれいに着たいものはすべてクリーニングへ
  • マシンを充実させちょこちょこ家トレを
  • 振動マシンはダイニングの横に。
  • 化粧水の重ねづけが面倒になり、今は「ルルルン」のフェイスマスクを愛用中。

この記事の画像一覧を見る(9枚)

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事