カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

「大人のための絵本」vol.16 モデル・アンヌさんの名作選
笑いとユーモアで福を!

アンヌ

この記事の画像一覧を見る(2枚)

アメリカ流!? 心が和むユーモア

 こんにちは。アンヌです。
 2024年は、少しでも気持ちが明るくなるよう、ユーモアに触れる機会を増やせたらと思います。
 とはいえ、笑いの感性は人それぞれです。自分が面白いと思っても、共感を求めるのは難しい場合もあります。
 昨年の秋のこと。フランスに住む私の母が、中寿(ちゅうじゅ:80歳)祝いのパーティの準備をしていました。大勢のお客さまを招こうとしていると、お城を提供してくれるという友人が。
 お城というと大層なイメージですが、フランスでは立地や広さはさまざま。「セレブ」でなくても持ち主になることはできます。今回のお城は地方にあってスペースは十分だったので、あの人もこの人もと声をかけていたら、招待客は100人ほどになりました。
 ところが、直前でお城の持ち主は場所を提供するだけと分かったのです。地方での食料調達、勝手の分からない台所、全員分の食事の準備……。母は途方に暮れました。
 そこへ、一通のメールが。アメリカの従姉からです。
 「フランスに遊びに行きたいの」。
 いよいよ母に余裕がなくなりました。
 「申し訳ないけど、パーティの準備で迎えるのはとても無理」。
 すると従姉は、「お城に行けば会えるのね」と返事。自力で向かうし、料理の手伝いもできるとのこと。そして、最後にこんな一言が添えてありました。
 「パーティに参加できるのを楽しみにしています。そこに私が出席することで、せっかくのパーティを台無しにしちゃうのはもっと楽しみ‼」
 これには母も大笑い。準備の不安が一気に吹っ飛んだそうです。
 非常識で失礼とも聞こえることを冗談にして、和ませようとしたのでしょう。その風変わりな気遣いに、私もクスリ。
 でも、この感覚、誰しもに通じるものだろうか……。
 ともあれ、アメリカの従姉は約束通り100人分の野菜料理を担当。お陰で、招待客全員にきちんと食事が行き渡ったそうですよ。めでたしめでたし。
 今回は、この従姉に感化され、ぶっ飛んだ発想で和ませてくれるユーモアあふれる作品を選びました。笑いでエネルギーチャージして、新しい年に福が訪れることを願って。

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事