カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 5月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年5月号

2024年4月6日(土)発売
特別価格:1360円(税込)
表紙の人:南果歩さん

2024年5月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【インタビュー】フジコ・ヘミングさん
「心ときめくものに囲まれた」東京のご自宅を拝見

大人のおしゃれ手帖編集部

この記事の画像一覧を見る(14枚)

現役で活躍するピアニスト、フジコ・ヘミングさん。
「心ときめくものに囲まれた」という東京のご自宅は宝石箱のよう。
フジコさんが大切にしていること、おしゃれのことなど大人世代に響くエールをお届けします。

Profile
フジコ・ヘミングさん
ピアニスト。ベルリン生まれ。東京藝大卒業後、28歳でベルリン音楽学校に入学。帰国後、1999年にドキュメンタリー番組出演が大反響をよび、デビューCD『奇蹟のカンパネラ』が200万枚超えを記録。世界各地で演奏活動を続けている。


心が落ちつく家には 自分の好きなものだけ

セピア色の家具と年代物のピアノがあるフジコ・ヘミングさんの東京のご自宅を訪ねました。

かつては青年座の稽古場だったところ。
ほかにもパリ・マレ区のアパートメント、サンタモニカ、ベルリン、京都・祇園の町家と、拠点があります。

パリから帰国したフジコさんは、コンサートで全国を巡る日々。
そんななか自宅で過ごすのは、かけがえのない時間。

「自分の好きなものに囲まれたこの家で暮らすと心が落ちつくの。ホテルみたいな個性のない部屋はつまらないから」 

部屋には、夏休みの絵日記だったり、アンティークレースをかけたランプシェイド、古いトランクなどがあります。

「家の中がしっくりなじむまで私は10年かかりましたね、置きかえて、また戻して、と。窓辺に飾ったガラス瓶もそう。だから、私が死んだ後は『なにひとつ変えないで』と、伝えています。私はきれいなものが好き。でも、値段は関係ないわ。お金をかけなくても素敵なものはいっぱいあるし。ダイヤモンドよりも、千代紙とか着物の切れっぱしのほうがすごく好き」 

ファッションにも「自分らしさ」を大切にしています。
「ベルリンで暮らしていたころの70年代、パリに遊びに行ったら、みんな颯爽とハイヒールをはいていたの。それはもう素敵でね、カフェで通りを歩く人を見ているだけで楽しかった」

演奏会では、着物をほどいてドレスに仕立てたものや、レースをあしらったドレスを着ることも。

「着物かドレスかどちらがいいかといえば、半々くらいだったかしら。演奏するときは背中が丸く見えないように、袖口が窮屈にならないように、布を足して広げてもらいます。ドレスと共布で、髪飾りを作ってもらうこともあります。髪飾りは、ポイントになって、地肌が隠れて見えなくなるし」 

取材時には紺色のドレスをまとい、黒い上質なレースのタイツを合わせていたフジコさん。
「赤や桃色も好き。1972年にストックホルムで買ったドレスは今も大事にしているの」 

おしゃれについては、年齢を重ねたからこそ、上手につきあえると言います。
「だんだん賢くなって自分に何が似合うかちゃんとわかっていますから。色も形も、自分がどんな服を着たらいちばんきれいなのかを、ね」

亡き母から受けついだブリュートナー社のピアノ。
鍵盤に象牙を使った名器は、110年の時を越えて美しい音色を奏でる。

「シルバーが好き」という愛用のブレスレットは、パリのショーウインドーに飾られていたもの(右手)と100円ショップの掘り出し物(左手)をミックスした。

蝶をモチーフにしたペンダントはニューヨークで出会った。
「200年ぐらい前の古いものらしい」とフジコさんの宝物。陽にかざすと空色に輝く。

スマートフォンのケースには、ファンから贈られたシールを貼ってアレンジ。
「こまごましたものが好きなの。どこに何を貼るか考えるのも楽しい」とフジコさん。

隠れていた猫たちはフジコさんのピアノを合図に姿を見せた。
12匹と暮らし、ボタンという名の猫がいる。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事