カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【連載】 桐島かれんさん BloomingLife 〜新米をおいしくいただく〜

大人のおしゃれ手帖編集部

【連載】 桐島かれんさん BloomingLife 〜新米をおいしくいただく〜

この記事の画像一覧を見る(5枚)

いよいよ、みずみずしい新米が出回る時季になりました。
白いごはんが大好物だというかれんさんだけに、炊き方のみならず、器や箸にもこだわりがある様子。銘柄の特徴も知ることで、毎日の食卓が豊かになりそうです。


丹精込めて育てられたお米。最後の一粒まで、美しく

人生の最後に何を食べたい? と聞かれたら、「白いごはんと明太子」と答える。それくらい、お米が大好きです。

新米のおいしい季節に、炊きたてのごはんをお気に入りの染付の器によそって、じっくり味わう時間は何にも代えがたいひとときです。
ごはんをいただくときは、器や箸にもこだわりたいもの。

以前から愛用しているのが、九谷焼の作家・正木春蔵さんの器です。
九谷焼らしい華やかな器を作る方で、飯椀のほかにも少しずつ買い集めてきました。

以前から愛用しているのが、九谷焼の作家・正木春蔵さんの器

お箸も気に入ったものを求めていろいろ試した結果、たどり着いたのが八角形の利休箸。
箸先が細く削られていて、お米を一粒一粒つまみやすく、見た目にも美しい。わが家の箸は、すべてこの形で揃えています。

お箸も気に入ったものを求めていろいろ試した結果、たどり着いたのが八角形の利休箸

繊細さと握りやすさ。箸には一家言あり

お米をよりおいしく食べるためには、炊き方の基本もおさえておきたいですよね。

以前、お米に関する専門知識を持つ「お米マイスター」の方に教わったのは、1回目のすすぎは軟水のミネラルウオーターや浄水を使うということ。
乾燥したお米は最初に入れたお水をよく吸い込むため、きれいな水を使うことで、おいしく炊き上がるのだそう。

乾燥したお米は最初に入れたお水をよく吸い込むため、きれいな水を使うことで、おいしく炊き上がるのだそう。

精米技術が進んだ今は、昔と違ってぬかはほとんどついていないので、さっと研ぐだけでOK。力を入れすぎるとかえってお米が割れてしまいます。

ちなみに、昔は「新米は水分量が多いので、水を少なめにして炊くとよい」とされていましたが、今のお米は水分が一定になるよう品種改良されているため、通常通りに炊いてよいそうです。

お米の銘柄についても、今は日本各地で次々と新しいブランド米が登場していて、「もちもち」「しっかり」「甘め」「あっさり」とそれぞれの特徴があるよう。

私自身はもっちりとした粘りと甘みのあるコシヒカリが好みで、普段はつい決まったものを買いがち。
でも、このおかずにはこのお米……とその日の料理や気分によって使い分けられれば、より食卓のバリエーションも広がりますよね。
それぞれの個性を知って、新米の季節を満喫したいものです。

料理に合わせて銘柄を選ぶ楽しみ

日本にあるお米の銘柄は、実は800以上にものぼるそう。 中でもおにぎりに合うのは、粒が大きく握ってもつぶれない「つや姫」日本にあるお米の銘柄は、実は800以上にものぼるそう。

中でもおにぎりに合うのは、粒が大きく握ってもつぶれない「つや姫」。
カレーなら固めの食感が合う「雪若丸」が好相性です。

一方、どんな食事にも合うのは固さと粘り、味のバランスがよい「サキホコレ」。
いろんな銘柄を試して、料理との相性を探るのも楽しいですね。

かれんさん着用:フラッフィーチェックシャツワンピース¥110,000/ハウス オブ ロータス 二子玉川店

SHOPLIST

ハウス オブ ロータス 二子玉川店 03-6431-0917


撮影/平岡尚子 文/工藤花衣

大人のおしゃれ手帖2023年11月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事の画像一覧

  • 【連載】 桐島かれんさん BloomingLife 〜新米をおいしくいただく〜
  • 以前から愛用しているのが、九谷焼の作家・正木春蔵さんの器
  • お箸も気に入ったものを求めていろいろ試した結果、たどり着いたのが八角形の利休箸
  • 乾燥したお米は最初に入れたお水をよく吸い込むため、きれいな水を使うことで、おいしく炊き上がるのだそう。
  • 日本にあるお米の銘柄は、実は800以上にものぼるそう。 中でもおにぎりに合うのは、粒が大きく握ってもつぶれない「つや姫」

この記事の画像一覧を見る(5枚)

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事