カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 2月・3月合併号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年2月・3月合併号

2024年1月6日(土)発売
特別価格:1480円(税込)
表紙の人:吉田羊さん

2024年2月・3月合併号

閉じる

記事公開日

最終更新日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【大沢たかおさん】「大人になりきれない人が多い日本で大切なのは、孤独を恐れすぎないこと」/Amazonオーディブル『走ることについて語るときに僕の語ること』インタビュー

大人のおしゃれ手帖編集部

大沢たかおさんのまっすぐ見据えた表情が印象的だった。

この記事の画像一覧を見る(6枚)

プロの声優や俳優が朗読した本や多様なポッドキャストが楽しめる音声エンターテインメントサービスのAmazonオーディブル(以下、Audible)。

村上春樹さんの人気エッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』が、俳優の大沢たかおさんの朗読で配信されます。

収録を終えた大沢さんに初挑戦した朗読の感想や、村上春樹作品の魅力、そして村上さんの著書から感じたご自身との共通点について伺いました。

目次

【大沢たかおさん】「大人になりきれない人が多い日本で大切なのは、孤独を恐れすぎないこと」/Amazonオーディブル『走ることについて語るときに僕の語ること』インタビュー

  1. 村上春樹さんのエッセイだからこそできた、等身大の自分でのチャレンジ
  2. 村上春樹さんが教えてくれた“いくつになっても懸命に生きること”
  3. 「気を遣ってうまくやる」ことが、大人じゃない。孤独を怖がらずに自分を突き通す大切さ

村上春樹さんのエッセイだからこそできた、等身大の自分でのチャレンジ

いくつになっても、魅力的な大沢たかおさん。

仕事柄はもちろん、プライベートで海外に行き来するなど、移動が多い大沢さん。Audibleは初期の頃から会員登録し、利用していたといいます。大沢さん流Audibleの活用法は?

「こういったコンテンツは実は昔からあって、夏目漱石や芥川隆之介の小説を朗読したものをCDで買って聴くという時代がありました。文学の名作が、多かったと思います。それがみんな多忙になり、昔の著名な文学だけでなく、実用書や経済書など、何でもどこでも聴けるようになって。娯楽だけでなく、勉強もできると思って、僕は最初のころすぐ会員になって聴き出したのですが、移動中や日常で車を運転するときも気軽に聴けるので、頻繁に利用させてもらっています。
海外への移動には、本を持って行くことも多いんですけど、例えば9時間とか10時間移動する場合は、文字を追うことに疲れてしまうんですよね。でも、Audibleで聴くと、不思議と長時間でも平気なんですよね。すごく便利な時代になったな、と。今回の作品は、マラソンする方々にもおすすめしたいです。村上春樹さんがマラソンの話をいっぱいしてくれるので、マラソンをしたくなるし、負けちゃいけないという気持ちになるんじゃないかな。励まされる感じもあって」

小説家であると同時にランナーでもある村上春樹さんが走ることについて語り、さらに小説家としての姿勢や思い、村上春樹という一個人を初めて説き明かした画期的なメモワールである『走ることについて語るときに僕の語ること』。今作の朗読には、等身大の自分自身で臨んだという大沢さん。

「何年か前に朗読劇はやったことがあって、ステージの上での朗読に対しては後ろ向きな気持ちはないんですけど、正直、朗読は苦手にしていることの一つだったんです。なるべくやらないように避けてきたところがありましたが、今回思い切って挑戦させてもらいました。作品が小説ではなくエッセイだったことも大きくて、比較的伸び伸び読ませてもらえたという感覚です。村上春樹さんが、ご自身の考えや人生を率直な言葉を紡いで語っているので、僕自身、変にうまくやろうとしないで、飾らない等身大の自分でやらせてもらおうと思いました」

朗読をしながら、改めて村上さんの文章に魅了されたと話します。

「どんな人でもわかる言葉を使ってくれたり、かと思えば難しい例えが出てきたり。何より比喩が素晴らしいと思います。そんな村上さんの文章の連続技を受けて、心の深いところに、彼が本当に言いたいことがストンと落ちる。また、村上さんの人生の一部を自分も追体験しているように読めるようなエッセイなので、朗読という機会をいただいて、彼の文章を体感するという、いい体験ができました。同時に、村上さんの作家になるまでの経歴や走ることへの思いを初めて知って驚いたり。僕にとって村上さんは雲の上の人なので、神宮外苑を走っていたり、ジャズバーを経営していたり、エアコンが壊れたり、日常の中でいろいろ悩んだりしていることを知って、こんなすごい人でもいろいろあるんだなと距離が近くなったというか(笑)。世界的に著名で求められ続けている村上さんが、一人の人間として言葉を紡いでいて、勇気や元気をくれる本だと思います」

この記事のキーワード

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事