カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

「大人のための絵本」vol.20 モデル・アンヌさんの名作選 
人生は長い! めくるめく人とのつながり

アンヌ

この記事の画像一覧を見る(2枚)

人生は希望に満ちている

こんにちは、アンヌです。
 環境など変化が多いこの時期。ちょっと疲れがでてきたら、気持ちにお休みを。時と共に関係性は変わってゆくし、新しい出会いも絶えることない。そんなふうに楽に考えるようになりました。
 私が10代の頃。パリの実家は文化芸術関係の人々で常に賑わっていましたが、そのなかにある画家夫妻がいました。大人たちはディナーに来ては夜通しでディベート(討論)。白熱してくると大声が家中に響きます。翌日に学校を控えた私は寝付けず、困ることもよくありました。ちなみに、ディベートというと喧嘩のように思われがちですが、フランスでは、深い友情を育むのに欠かせないものなのです。
 さて、私は大人になり、日本暮らし。歳を重ねた夫妻と両親は交流を続けているようでしたが、もう彼らの声に睡眠を妨げられることもなくなり、やれやれ。
 そして訪れた2020年3月。ロックダウンが始まったばかりのパリで、(両親の友人の)画家の夫の突然の死。原因はCOVID-19。その妻の女性はどうしても最後にひと目だけと、タクシーもない静まり返った夜道を2時間かけて病院まで歩いたと人伝に聞きました。
 今年になり、その女性から突然連絡が。東京に行くので、ランチでもと。
 久しぶりに会った彼女は、「もう70歳よ」と笑っています。食前酒と前菜が運ばれると、独り身になった悲しみをゆっくりと打ち明けてくれました。それから夫の画家としてのエピソードなど、思い出話は尽きず。さらに最近はようやく楽しみを見つけたというのです。フィンランド出身の指揮者マケラのコンサートを求めてあちこち飛び回っていると。いわゆる推し活です! 私も一人でコンサートに行くほどのクラシック好き。いよいよ二人でキャアキャア。もはや両親の友人というよりも、学生時代からの親友同士のように。
「ねえ、一人じゃ、さすがに寂しいでしょ? そろそろ恋人作ったら?」
70、80になろうとも、常に恋愛に積極的なフランスの感覚を思い出し、私はそう聞きました。
「そうねえ……」
しばらく黙ったのち、皺の少ない頰を緩めて「まだいいかな」と。
70歳の彼女から聞いた「まだ」。この言葉にこんなに希望に満ちた響きがあるなんて。私は胸がいっぱいになって食後のコーヒーを啜りました。
 長い人生、いつどんな素敵な展開が待っているか分からない。今回は、そんな気持ちにさせてくれる2冊を選びました。

*次のページではおすすめの2冊をご紹介します

この記事のキーワード

この記事を書いた人

モデル、絵本ソムリエアンヌ

14歳で渡仏、パリ第8大学映画科卒業。 モデルのほかエッセイやコラムの執筆などで活躍。 最近は地域で絵本の読み聞かせ活動も行っている。

執筆記事一覧

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事