カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 6月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年6月号

2024年5月7日(火)発売
特別価格:1400円(税込)
表紙の人:桐島かれんさん

2024年6月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

【時短! 節約!】パパッと作れる
「鶏ひき肉とれんこんの辛子じょうゆ炒め」

鶏ひき肉とれんこんの辛子じょうゆ炒め

素材の数が少ないと、料理の下ごしらえがあっという間でラクチン。
一度に量も多めに使えるので、リーズナブルなまとめ買いや、キャベツなどを丸ごと買うのもOK。
使いきれず、食材をダメにしてしまうという心配もありません。
2素材でも味わいに深みを出す調理のコツを料理家の植松良枝さんに教えてもらいました。

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉

    200g

  • れんこん

    150g

  • 米油などくせのない油

    適量

  • (A)塩

    小さじ1/3

  • (A)粗挽き黒こしょう

    適量

  • (B)酒

    大さじ1

  • (B)練り辛子

    小さじ1と1/2

  • (B)しょうゆ

    大さじ1と1/2

作り方

  1. れんこんは皮付きのまま大きめの乱切りにし、厚手のビニール袋に入れて空気を抜き、麺棒で叩いて細かく割る(いろいろな大きさがあってよい)。
    ひき肉とAをよく混ぜ合わせておく。

  2. 熱したフライパンに油大さじ1をひき、1を中火で炒め、れんこんが透き通ってきたらいったん取り出す。

  3. 2のフライパンに油適量(小さじ1程度)を足し、ひき肉を1.5㎝の厚さになるようパンケーキのように丸く広げる。
    そのまま動かさずに焼き色がつくまで片面しっかり焼いたらヘラで適当な大きさにほぐす。

  4. れんこんを戻し入れ、Bを回し入れ、水分を飛ばすように炒めて器に盛る。
    好みでざく切りした三つ葉を添える。

切らずに使える便利なひき肉。
平たく焼いてから粗くほぐすとサルシッチャのような歯ごたえになり、主菜としての豪華さが出ます。
もも肉ならジューシーに、むね肉ならヘルシーに。

photograph: Ryo Yonekura styling: Mayuko Abe

このレシピのキーワード

レシピ一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!