カテゴリー

人気タグ

大人のおしゃれ手帖 5月号

大人のおしゃれ手帖

最新号&付録

大人のおしゃれ手帖
2024年5月号

2024年4月6日(土)発売
特別価格:1360円(税込)
表紙の人:南果歩さん

2024年5月号

閉じる

記事公開日

この記事の
関連キーワード

大人のおしゃれ手帖
の記事をシェア!

健康的な痩せ体質が叶う
初級にして王道!「下半身の筋トレ」

大人のおしゃれ手帖編集部

健康的な痩せ体質が叶う 初級にして王道!「下半身の筋トレ」

体重が増えてしまった人に朗報!
増えた体重を減らすだけでなく健康的に痩せ体質を目指すダイエットには、コツがありました。

この人に教えてもらいました
栄養管理士・パーソナルトレーナー
河村玲子さん
新体操などの競技経験があり、大手フィットネスクラブ勤務を経て独立。カナダで管理栄養士トレーナーとして活動後、栄養と運動の専門的な知識を持つパーソナルトレーナーとして幅広い世代の体づくりをサポート。


筋トレは体への〝投資〟!
健康的な痩せ体質が叶います

ダイエット効果を持続させるために行いたい筋トレを紹介します。

「全身の筋肉の6~7割が下半身についているので、まずは下半身の筋トレから始めると効果的です。それに慣れたら、全身、お腹とメニューを増やしていきましょう」と河村さん。
 
よくテレビを見ながら筋トレをしてもよい、と聞きますが、それでも効果はあるのでしょうか。

「筋肉は意識して動かすことでトレーニングの効果が上がるので、〝ながら筋トレ〟ではあまり効果が期待できません。テレビを見ながらダラダラと筋トレをするよりも、朝夕5~10分でもよいので時間を作り、集中して筋トレを行ったほうが高い効果が得られます」
 
今回紹介する筋トレは負荷が軽いので、毎日行っても鍛え過ぎになることはありません。筋トレを日課にして、健康美を目指しましょう。

ワイドスクワット

下半身全体の筋肉を鍛えられ、さらに内ももの筋肉強化、股関節の柔軟性向上も叶います

● ゆ~っくりと10 回2セット

前を向いて立ち、両足を肩幅の1.5 ~ 2 倍に開いて、つま先とひざを45度外側に向けます。

両腕は前へ伸ばします。

その姿勢から、膝を曲げて腰を落とします。

できる人は、太ももが床と平行になるまで深く腰を落としましょう。

1

目線はまっすぐ。
膝と足先の向きを揃え、重心を必ず真ん中に。
足裏の真ん中に重心をのせるのが鉄則。体がぐらつきません。

2

できる人はここまで深く!

NG!

背中が丸まらないように注意して。目線と背筋は「まっすぐ」。

NG!

目線が上がると背中が反ってしまい、背中や腰を傷める原因に。

NG!

膝が内側に入った状態でスクワットをすると、膝や腰を傷めやすい。

この記事のキーワード

この記事を書いた人

大人のおしゃれ手帖編集部

ファッション、美容、更年期対策など、50代女性の暮らしを豊かにする記事を毎日更新中! ※記事の画像・文章の無断転載はご遠慮ください

執筆記事一覧

Instagram:@osharetecho
Website:https://osharetecho.com/
お問い合わせ:osharetechoofficial@takarajimasha.co.jp

記事一覧へ戻る

大人のおしゃれ手帖の記事をシェア!

関連記事